• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

溶融亜鉛メッキリン酸処理について

前回はスチールパネルの納まりについていくつか例を挙げて説明をしましたが、その中でスチールカットパネルの納まりがありました。
重量があって施工しにくいという事と、結局は塗装仕上になるのでスチールでカットパネルにするメリットがあまりない、という理由で採用されにくい納まりではありますが…

溶融亜鉛メッキのリン酸処理を仕上として見せたい場合には、スチールカットパネルの納まりを選択することになる可能性が高いです。
という事で、今回は溶融亜鉛メッキのリン酸処理がどのような見た目になるのかなど、少し説明をしてみたいと思います。

まずは溶融亜鉛メッキとは何かという話から。

溶融亜鉛メッキとは、外部にスチールを採用する際に必要になってくる処理で、メッキ加工することによって錆びてしまうことを防ぐ目的があります。
通常のスチールに塗装をしただけでは、風雨に晒された状態の外部ではすぐに錆びてしまい、見た目が良くないですし、手摺などであれば安全面でも問題になってしまいます。

こうした事を考えると、外部に使用する金属はアルミもしくはステンレスが良い、という話になるのですが、コストを考えると全部をステンレスにするのは難しい場合もあるんです。
こうした理由から外部に鉄を使用する場面も結構あるのですが、見た目と性能という面から考えて溶融亜鉛メッキの処理は必須になってきます。

ただ、溶融亜鉛メッキ処理をした場合、見た目はかなりギラギラの状態になってしまいます。

溶融亜鉛メッキの一例

外部の手摺とかでこのような見た目のものは結構あったかも…と思ってしまうかも知れませんが、それくらい採用される割合は高いと思います。
溶融亜鉛メッキのギラギラは年月と共に落ち着いてきて、最終的にはくすんだグレーになっていくのですが、最初はかなり派手な状態になります。

これではさすがに見た目が美しいとは言いがたく、意匠的には厳しい…という状況を改善するための対応として出てくるのがリン酸処理という事になります。
リン酸処理というのは溶融亜鉛メッキをかけた金属の上に処理をするもので、表面に皮膜つくる事によって見た目を落ち着かせる事が出来、塗装の下地にもなります。

リン酸の皮膜は表面にちょっとランダムな感じで結晶模様のようなものが入るので、この見た目が面白いという感じで仕上材として採用されることもあります。

溶融亜鉛メッキリン酸処理の例

これは好みの世界になってきてしまいますが…個人的にはこのリン酸処理状態を仕上として見せることにかなり抵抗があります。
結局建物を利用するのは建築の材料や仕上にそれほど詳しくない方になるのですが、そうした方がリン酸処理されたパネルを見て綺麗だと思うかどうか、というあたりに私は自信が持てません。

ただしこれはあくまでも好みの話ですから、意匠設計者の判断によってはリン酸処理を仕上の壁として見せることもあります。
このあたりは建物の全体的なイメージと合わせて考えないと変なので、その部分だけでどうこう言っても仕方がなく、雰囲気にマッチすれば全然おかしくはありません。

ただ、やはり好みの話である訳で、私としてはこれを最終仕上ですとは言いにくい気持ちになってしまうので、恐らく自分から積極的に採用はしないと思います。
この状態で仕上と呼ぶのであれば、メタリック塗装をかけたアルミカットパネルの方が私は美しいと思うので、コストの問題もありますがそちらを選びたいところです。

ちなみにこのリン酸処理にはもう少し濃いめの色もあります。
「黒リン酸処理」などと呼ばれていて選択肢のひとつになるので、最後にこの仕上を紹介してリン酸処理についての話は終わりにしておきます。

溶融亜鉛メッキリン酸処理の暗色例

かなり黒っぽくなるので場所によってはこちらの方がマッチしますが、黒をうまく使っていくのは結構難しいものなので、使いどころはちょっと悩んでしまうかも知れません。
次回はステンレスパネルの納まりについて取り上げます。

関連記事

  1. ダイノックシートのカラーバリエーション(ほんの一部)
  2. AW開口に誘発目地を考慮した納まり
  3. CADでは精度良く作図が出来る
  4. 遮音性能のイメージ
  5. 壁塗装仕上の一例
  6. コストを意識した検討が必要