• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

Dボードの特徴と納まり

前回は壁仕上材として塗装仕上を紹介しましたが、結局は石膏ボードに下地処理をしてそこに塗装をかけていくというごく一般的な納まりになっていました。
こうしたシンプル過ぎる関係だと、建築関連の納まりを紹介していく、という観点で見るとあまり役に立たない話になっている感じもします。

塗装仕上もビニルクロスも、単純に石膏ボードに対して貼ってしまうとか、下地処理をして塗っていくだけの納まりになってしまいます。
そうした関係はシンプルで良いのですし、実際に施工もしやすくて見た目も悪くないので、建物としては全然問題はないのですが…

建築の納まりおちう観点から考えてみると、当サイトであえて紹介するような納まりではないという感じでもあります。
建築の納まりについて説明します! と言っておきながら、石膏ボードに貼るだけなので厚みは考慮しません…とかいう話に現実としてなっている訳で。

そうなると、建築の納まりについての説明としてはおかしな感じになってしまいますよね。
とは言っても基本的な納まりを押さえておかない訳にもいかないので、ちょっと退屈な話になっているとは思いますが、それぞれの特徴と納まりについて覚えておくしかありません。

今回は壁仕上材の紹介としては最後という感じになると思いますが、石膏ボードの上に接着剤で貼っていく仕上材をいくつか紹介していくことにします。
今回紹介する仕上材の納まりは非常にシンプルなものになってきて、シンプルだけど壁面は非常に美しく仕上がるという、かなり嬉しい仕上材でもあります。

もちろん場所によって使える場所は限定されますし、コスト的な問題もあるのですが、石膏ボードの上から貼るだけなので積極的に使いたいところ。
こうした仕上材の選択肢は結構たくさんあるので、全てを紹介していくのはちょっと難しいところもありますが、主な商品だけでも紹介してみることにします。

今回はそんな仕上材の中から、結構頻繁に採用される事になると思われる「Dボード」を紹介してみたいと思います。

□Dボード

壁や建具などに貼っていく塩ビ系のシートである「ダイノックシート」は、木目をはじめ様々な柄が用意されていて、意匠設計者にとってはかなり重宝する仕上材だと言えます。

ダイノックシートのカラーバリエーション(ほんの一部)
Dボードと呼ばれる商品は、ベースになる板としてケイ酸カルシウム板がまずはあって、その上に工場でダイノックシートを巻いて作った化粧ボードになります。

ダイノックシートの柄は自由に選定出来るので、壁の仕上として様々な見せ方が出来るという、やはり意匠設計者にとって非常に有り難い存在になっています。
石膏ボードにそのままダイノックシートを貼れば良いのでは? と思われるかも知れませんが、結局それではビニルクロスを貼る納まりと大して変わらないんですよね。

それよりも、6mmのケイ酸カルシウム板にダイノックシートを巻いているDボードを貼った方が、目地の深さも出るので見た目が良いんです。
納まりは石膏ボード下地に接着剤で貼っていくだけなので、壁厚だけをしっかりと管理しておけば特に大きな問題はないはずです。

Dボードの納まり例

施工者としても、本物の木を壁に貼っていくより木目のDボードを貼っていく方がコスト的にも有利ですし、ケイカル板の方が材料として安定しているので施工も楽になるというメリットがあります。
木目の選定はいざ考えていくと結構難しいものですが、重厚な雰囲気を出したい会議室などでよく採用される仕上材だと言えます。

関連記事

  1. ALCの表面イメージ
  2. スチールパネルの納まり例
  3. 45二丁タイルの立面図
  4. タイルサイズに合わせて建具巾を調整した例
  5. LGS壁にタイル貼の納まり
  6. 耐火性能のイメージ