• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ステンレスパネルの基本納まり

壁の金属パネル納まりとして、スチールパネルにはどんな特徴があるのかという話と、基本的な納まりのパターンについて前回までで紹介をしてきました。
スチールパネルの基本仕上は塗装になりますが、場合によっては溶融亜鉛メッキリン酸処理を仕上として見せる場合もあります。

溶融亜鉛メッキ処理というのは、金属を高温で溶かされた亜鉛層に漬ける事によって、金属の表面に亜鉛の皮膜を作っていくという処理になります。
なので、金属とは言ってもある程度の厚みを持った鋼材である必要があり、例えば厚み1.6mmの鋼板をメッキ処理をするのは非常に難しいものがあります。

要するに亜鉛の層に漬けられている間に曲がってしまったりするので、スチール曲げ加工で私用するような薄い鉄板ではメッキが出来ないんです。
だからこそ、リン酸処理を仕上として見せたい場合には、スチール曲げパネルではなくある程度厚みをもったカットパネルである必要がある、という事になります。

溶融亜鉛メッキのリン酸処理を仕上として見せるのはかなり稀な事だと思うので、納まりのパターンとして覚えておいてもあまり出番はないかも知れませんが…
スチールをカットパネルとして納めるやり方は、アルミパネルなどの納まりパターンと基本的には同じになりますので、セットで覚えてしまう事になると思います。

さて、今回は金属パネルの納まりとしてはこれで終わりという事で、ステンレスパネルの特徴や納まりについて取り上げていこうと思います。
まずはステンレスパネルの特徴について、以前簡単に説明した際の内容をおさらいしてみると、このような特徴を持っている事が分かります。

・重量はかなりある

・壁としての強度は充分

・比較的錆びにくい

・基本は曲げパネルの納まりとなる

・表面仕上のパターンが幾つかある

・塗装仕上も可能

・外壁でも採用可能

ステンレスパネルの特徴はややスチールと似ているのですが、一番の違いは「錆びにくい」という点にあり、それがステンレスの大きな売りとなっています。
あくまでも「錆びにくい」であって「錆びない」という事ではない、というあたりが注意点としてありますが、余程の事がない限り錆びたりはしませんので大丈夫です。

こうした錆びにくいという特徴を持っているため、ステンレスパネルは外部でも使える、というあたりがスチールとは大きく違う点になります。
納まりは基本的にはスチールパネルと変わりませんので、表面の仕上をどちらにするのかという違いがあるだけ、という感じですね。

ステンレス曲げパネルの納まり例

あとは表面の仕上をどうするかですが、ステンレスの場合は選択肢が結構多いので、そういった意味では意匠設計者の好みに合っているかも知れません。
スチールと同様に塗装仕上をする事も可能で、その場合は当たり前の話ですが色の選択肢は非常に多いので、様々な場所に採用することが出来ます。

これもスチールの場合と同じですが、塗装にしてしまうのであれば、わざわざステンレスを採用しなくても良いか…となる場所も結構あるとは思います。
もちろん、外部では石膏ボードの壁は作れませんので、外部で塗装を見せたい場合の選択肢としてステンレスがあり、決して塗装が不要という訳ではありません。

塗装の他にある仕上としては、ステンレスの表面を研磨していく事によって色々な表情を作っていく、という選択肢があります。
材質がステンレスであれば、表面を塗装するよりもこれから紹介するこれらの表面仕上が採用される場合が多いかも知れません。

ステンレスの表面処理には色々なパターンがあるので、次回にもう少し細かく分類して色々と紹介をしていこうと思います。

関連記事

  1. 湿式工法と乾式工法
  2. 遮音性能のイメージ
  3. CADでは精度良く作図が出来る
  4. ECPと床コンクリートの納まり
  5. ALC外壁のイメージ
  6. 壁タイル貼の一般的な納まり