• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁の納まりまとめ

さて…

壁仕上材として一般的な建物で多く採用されるものについては、ちょっと長くなりすぎた感じもしますが、今までの説明でほぼ一通りの説明を終える事が出来たと思います。
もちろん全ての壁仕上材について網羅することが出来た、という訳でもないので、一通りという言葉は適切ではないかも知れませんが…

それでも一般的な建物で登場する壁仕上材についてはある程度網羅出来ているはずなので、今後追加はあるかも知れませんが、ひとまずこのあたりで終わりにしておくことにします。
商品名が少し違うけれど特徴や納まりは同じです、みたいな説明をずっと続けていくことも出来そうですが、そうした情報は恐らく読んでいる方にはあまり役に立ちませんから。

と言うことで、壁についての説明はこれで終わりにしますが、最後に今までの話を簡単に纏めておき、次の部位である天井の納まりについての話に進みたいと思っています。
まずは壁の考え方としていくつかの分類があったので、ここでもう一度その分類についておさらいをしてみると、以下のような分類がありました。

・外壁

RC化粧打放し壁の建物

・内壁

建物の内壁

二通りしかないので箇条書きしても仕方がない感じもしますね。

基本的に壁の納まりは外壁も内壁もそれほど変わることはありませんが、外壁には「外部の水を建物内に入れない」という非常に重要な役割があります。
これがある場合とない場合とでは、納まりの考え方が大きく変わってくることになるので、まずはこの区分をしっかりとやっておく必要があります。

外壁の場合は仕上が何になるにしても「止水ライン」をしっかりと形成しておくことが重要になってきて、その為には壁下地がどのように納めるかが大きなポイントになります。
鉄筋コンクリート造であれば鉄筋コンクリート壁下地、鉄骨造であればALC下地もしくはECP下地が止水ラインになる場合が多く、そのあたりの納まりはきちんと覚えておくことをお勧めします。

内壁については色々な仕上がある中でも特にLGS+石膏ボードの納まりが多く、石膏ボードの使用による性能の違いを押さえておくことがポイントになってきます。
LGS+石膏ボードの壁に求められる性能の中では、耐火性能についてきちんと法的な条件を満たすことが求められるので、そこはきちんと押さえておきましょう。

内壁で採用出来る仕上材の選択肢はかなりたくさんあるので、LGS+石膏ボード以外の納まりもその中にはあります。
まずは仕上材それぞれの特徴をきちんと掴んでおいて、その上でどのような仕上材を選定するかを決めていく、という流れが良いと思います。

外壁・内壁のどちらの壁であっても、壁下地の上に壁仕上を施工していくという考え方は、基本的にはほぼ変わりません。
ただ、壁下地だと思っていた鉄筋コンクリート壁が、実際はそのまま仕上として見せるなどの場合も結構多いので、単純な区分にならないあたりが難しいところです。

壁仕上材の納まりについては色々なパターンがあるので、こうやって納めるのが正解です、みたいなシンプルな回答というのは正直言ってあまりありません。
確実に言えるのは、壁仕上材の納まりとして必要な寸法を確保出来る位置に壁下地を持ってきておく必要がある、という事だけ。

壁下地を施工するタイミングは結構早めになるので、手遅れにならないうちに壁仕上材の納まりを決定しておき、適切な位置に壁下地を設定しておく。
その為に壁の納まりについて色々なパターンを覚えておき、どのような仕上になったとしてもある程度間違いのない納まり検討をしてく事が重要になってきます。

と、さらっと書いてしまいましたが、これは実際のところかなり難しい事で、しかしだからこそ納まりのパターンを色々覚える価値があるのだと思います。
壁下地と壁仕上材のパターンは色々紹介してきましたので、それらの基本的な納まりをきちんと押さえておき、あとはそのパターンを組め合わせていく、という感じです。

あとは自分が知らない納まりのパターンが出てくるはずなので、その際には素直に知らないと言って、知っている人から教えてもらうことも重要です。
そうすることによって自分の中で知識のバリエーションが増えていくことになりますから、自分の知らないことは積極的に吸収していくことをお勧めします。

知らないとか経験したことがないなどの言葉を発するのは、プロとして若干恥ずかしい気持ちになったりはしますが、それも一瞬の話です。
一度説明された後はもう知っていることになるので、知らないと言うのは本当に一回だけの話で、それくらいで恥ずかしいと思う必要なんて全然ないと私は思っています。

人に聞く事が恐らく一番重要な要素

プロなら逆に知ったかぶりなどしないで、自分の知識を増やしていくことにフォーカスすることで、長い目で見れば大きな差が付いていくことになります。
知らないのに知っているふりをすることは可能ではありますが、プロとしてそのような見栄を張ることにあまり意味はありません。
どうせ知識がないことを隠しても隠し通せる訳ではないので、それよりも今現在の自分の知識を高めることに集中した方が良いと私は思います。

あとは、一度当サイトで書かれている内容を読んで、実際に仕事の中で自分の知識が増えてきたと感じたら、もう一度読み返してみるのも面白いです。
恐らく最初に読んだ時よりも説明が粗っぽく、足りない説明もかなりあることが分かるはず。
それはまさに自分の知識が増えたことを意味しているので、そうした実感を得る為にも、機会があれば読み返してみる事をお勧めします。

と言うことで、壁の納まりについての話はこれでひとまず完了ということにします。、
今後さらに細かい話を追記していくつもりではありますが、まずは次のステップである天井の納まりについての話に進んでいくいことにしましょう。
かなり間延びしてしまったとうか長すぎる話になってしまいましたが、最後までおつきあい頂きありがとうございました。

関連記事

  1. 定番が一番の場合は結構多い
  2. CADでは精度良く作図が出来る
  3. ラーメン構造と壁構造
  4. ALC外壁のイメージ
  5. 外壁建具タイル抱き納まり
  6. 壁塗装仕上の一例