• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

設備の記事一覧

階高を抑えて梁スリーブとした例

設備の理想が建物の理想とは限らない

前回は少し基本的な考え方を整理してみるという事で、建物にはなぜ設備のスリーブが必要になるのか、というあたりを考えてみました。 設備的には階高を高くすればスリーブが必要ない状態になって良いのですが、建物全体をトータルで考えるとそれは理想とは言えないという感じでした。 そうした考え方で設計を進めていくと、天井裏のスペースは設備が納まる必要最小限として、その結果をもとに階高を設定していく、という考え方に […]

続きを読む

OAフロア

単純に鉄骨梁を下げるだけでは済まない

鉄骨柱のダイアフラム納まりを検討していった時には、50程度の小さな段差を設けることが難しいので、溶接が出来る程度に100段差を設ける。 前回はそのような解決方法を紹介してみました。 もちろんこのやり方がベストなのかどうかは建物によって違うはずなので、これはあくまでもひとつの例と考えて頂ければと思っています。 建築の納まりに「これが完璧な正解です」という項目はあまりなくて、色々な問題がありつつその中 […]

続きを読む

配管とスリーブの関係

スリーブの計画を考える

天井裏にダクトや配管などを配置していく計画を進める中で、構造体である梁が最も大きな障害になってくる、という話を前回は取り上げました。 天井内を納める為に天井高さを低くするというような調整が、どうしても施工段階では出てくる事になって、これはある程度仕方がない話だと言えます。 今回はそうして天井高を下げる以外の選択肢がどこにあるのか、というあたりについて考えてみる事にします。 こうした施工段階での検討 […]

続きを読む

天井裏と梁の関係

梁と設備と天井裏と

鉄筋コンクリート造(RC造)では、柱や梁が構造体になり、スラブもやはり構造体として鉄筋コンクリートで構成されることになります。 スラブにかかる荷重は梁に伝達され、その荷重は柱に伝達されることになる為、梁というのは構造上非常に重要な役割を担うことになってきます。 構造体としての梁は、梁の巾や高さ(梁成と呼びます)が大きければ大きいほど、建物にかかる荷重に対して強くなっていきます。 もちろん梁巾と梁成 […]

続きを読む

検討

各種設計者の役割

意匠設計者がどのような建物を目指して設計業務や施工に入ってからの監理を進めていくのか、というあたりについて前回は考えてみました。 建物として求められる性能を満たしつつ、見た目にも最大限の配慮をしていく、というような感じになるのではないかと思います。 もちろんそのあたりのバランス感覚は設計者によって違ってくる訳ですが… それでも全体的な仕事の方針としては、建物の意匠的な部分を常に意識していくという事 […]

続きを読む

工事発注

サブコンとは何か

前回までの説明では、施工一式を請け負うゼネコンがどのような業務を担当するのか、というあたりについて考えてみました。 様々な工事をそれぞれ分割して専門企業に発注していく役割を持っているゼネコンですが、そうした業務は必ずしも楽なものではない、という事です。 そもそもそんなに楽な仕事であれば、無駄を省いていく効率化作業を進める中で、必要のないポジションという事で仕事がなくなってしまうとは思いますが… 現 […]

続きを読む

施工

工事の大雑把な分類

前回の説明では、施工者が様々な分野の工事を含めて建物を施工する工事一式を請け負う事になる、という話を取り上げました。 施工側の業務内容が広範囲に渡っているのは、やはり建物を造っていく際に必要となる工事の種類が非常に多いから、という事なのでしょう。 構造=鉄骨工事・鉄筋工事・コンクリート工事、意匠=建具工事・内装工事などなど、それぞれの項目は様々な工事に区分されていく事に。 それぞれの工事をゼネコン […]

続きを読む

工事の仕分け

施工段階での大きな区分

建物を実際に造っていく工事全般を、施主から施工者が請け負うことによって建物の施工が始まる、という話を前回は紹介しました。 建物の価格は決して安くはなく、その契約のかたちは建物によって違ってくるものですから、ここで「通常はこうなります」というのも少し気が引けますが… ただ、少なくとも施工者が建物の施工を受注するところまでは皆同じなので、細かい契約についての違いなどについて当サイトではあまり気にしない […]

続きを読む

照明設備

電気設計の業務

前回は建物の骨組みである構造について設計をする構造設計者の業務と、その業務が建物にとってどれだけ重要なのか、簡単に説明をしてみました。 もちろん建物にとって重要ではない項目というのはなくて、どんな要素でも建物を構成する為の重要な要素になるのですが… それでも建物の構造を検討する構造設計の重要性が高いという事実が変わることはありません。 建物のデザインや使い勝手の良いプランなども重要な要素ではありま […]

続きを読む

意匠デザイン

設計にも色々な分類がある

建物を建てるプロジェクトが始まってから建物が完成するまでのプロセスについては、「建物が完成するまでの流れ」という項目の中で概要をざっと説明してきました。 説明している内容が間違っていたり、あるいは情報として偏ったものにならないよう気を付けて書いたつもりですが… 内容をじっくりと確認したとしても、それはあくまでも書いた本人が確認しているだけですから、客観的な視線で確認するという意味ではちょっと難しい […]

続きを読む