• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

電気設計の業務

前回は建物の骨組みである構造について設計をする構造設計者の業務と、その業務が建物にとってどれだけ重要なのか、簡単に説明をしてみました。
もちろん建物にとって重要ではない項目というのはなくて、どんな要素でも建物を構成する為の重要な要素になるのですが…

それでも建物の構造を検討する構造設計の重要性が高いという事実が変わることはありません。

建物のデザインや使い勝手の良いプランなども重要な要素ではありますが、その前の話として、建物が倒壊しないという事が前提条件となります。
そうした条件を満たす為に必要となる構造設計は、やはり建物にとって絶対に欠かす事が出来ない項目だと言えるでしょう。

建物を設計する際の分野は色々あって、それらの種類について説明していくと、構造設計の次に説明しておくべきなのは意匠設計になるかも知れません。
まずは建物の骨組みである構造設計があり、次にその構造体を隠しつつ見映えの良い建物にしていく意匠設計がある、というような流れです。

ただ、意匠設計が担当する業務というのはかなり多いんですよね…
当然説明する内容も多岐にわたる為、ひとまず意匠設計についての説明は最後にまわす事にして、ここでは電気設計についての説明をしようと考えています。

建物に関わる各種設備の設計について説明をした後で、改めて意匠設計について取り上げることにするので、少しだけお待ちください。
ということで、今回は電気設計の業務について説明をしていくことにします。

電気設計者が担当する業務として何が挙げられるかというと、建物の電気設備に関する設計を、他の設備と調整しながら進めていく事です。
電気設計だから電気設備の設計をするというのは当たり前の話ですけれど…

ただ、そもそも電気設備というのは何か? という話もあるので、まずはそのあたりについても考えてみる事にしましょう。
電気設計とは、恐らく何となくイメージとして分かるかとは思いますが、ざっくりと言ってしまうと建物で使用される電気に関する全てです。

これでは大雑把すぎるのでもう少し具体的に説明をすると…

その中でもっとも分かりやすいのが照明設備で、天井や壁に取り付けられる照明器具が電気によって周囲を明るく照らしていく、という設備になります。
私の説明が上手くないせいで、なんだか妙に難しい雰囲気になっていますけど、実際照明器具というのはとても身近な存在になっていますよね。

照明設備

例えば事務室などで仕事をしている時に、仕事が遅くなって周囲が暗くなってきた時に、照明が全然点灯しないと仕事も何も出来なくなります。
夜ではなくても、曇りの日などで太陽光が窓からあまり入らない状況であれば、昼間であっても照明が必要になってくるはず。

身近で分かりやすい例として照明設備を挙げてみましたが、実際の電気設備には様々な設備が含まれているんです。
照明器具に供給する電源として、建物の外から電気を引き込んできて、それを全館に巡らせるというのも電気設備という事になります。

パソコンも携帯電話も非常に便利なツールですけど、そもそもの話としてコンセントから電源が供給されないと何も出来ません。
電気設備がどれだけ重要で欠かせないものなのかは、停電の時にどれだけ不便かを考えれば実感出来ると思います。

これらは一例に過ぎなくて、電気設備が受け持つ工事の種類は非常に多彩なものがあります。
電気設備が受け持つ業務についての話は次回に続けることにして、もう少しだけ具体的な例を挙げていくことにします。

関連記事

  1. ダクトのイメージ
  2. エアコン
  3. 階段
  4. チェック
  5. プラン検討
  6. 建具と鉄骨