• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

設備の理想が建物の理想とは限らない

前回は少し基本的な考え方を整理してみるという事で、建物にはなぜ設備のスリーブが必要になるのか、というあたりを考えてみました。
設備的には階高を高くすればスリーブが必要ない状態になって良いのですが、建物全体をトータルで考えるとそれは理想とは言えないという感じでした。

そうした考え方で設計を進めていくと、天井裏のスペースは設備が納まる必要最小限として、その結果をもとに階高を設定していく、という考え方にたどり着くことになります。
結局はあまり面白くない当たり前の結論になってしまいましたが、恐らく今はこうした考え方で階高を設定している建物がほとんどではないかと思います。

なぜそう思うのかというと、その考え方が最も効率的だからです。

階高を抑えて梁スリーブとした例

効率的な考え方で階高を設定した場合には、恐らく設備的な要素を全部梁の下に通していくことは難しくなってくるはずです。
設備配管などは梁の下を通すのではなく梁の中を通した方が、階高という観点から考えると効率が良いですから、自然とそうした考え方になっていくことが予想されます。

このような考え方から、比較的梁のサイズを小さくすることが出来るSRC造であっても、恐らくはSRC梁にスリーブを設ける必要性が出てくるはずです。
タイミングとしては鉄骨を工場で製作する前の段階で、設備のルートをある程度検討して、スリーブ位置やサイズを決定していく、という感じで検討は進んでいきます。

わざわざ構造体であるSRC梁に孔をあけてまでして、なぜ設備配管を梁に通していくのか、なぜ梁の下を通していくという考え方をしないのか?
というあたりの一般的な話を、設備としての理想的な形状がどうなのか、などの話を交えて色々と考えてきましたが…

設備的な納りが良くなったとしても、それで全ての納りが良くなる訳ではないんですよね。
設備の納りだけではなく、建物の高さや床面積などをトータルで考えた時には、どうしても階高は低く設定される方向になり、その為にスリーブが必要になってくる。
これはもう仕方がない話だと思います。

純粋に構造体のことだけを考えれば、構造体である梁に孔をあけてしまうスリーブなど存在しない方が良いに決まっています。
しかし階高とか梁のサイズとか天井高などの要素を色々と考えていくと、スリーブなしという考え方はかなり非現実的である事が分かります。

もちろん構造設計者もそれはきちんと分かっていますから、スリーブを設けた場合の補強をどうするかとか、スリーブを設けることが出来る範囲などを構造図で示しています。
そうした構造的な決まり事を厳守しながら、出来るだけ有効な位置にスリーブを入れておく為に色々と検討を進めることになる訳です。

梁に対して設備スリーブを入れておく理由はこのような感じになっていて、スリーブを入れておかないと後で設備納りが大変なことになってしまいます。
間違いなく天井高をごっそりと下げていく検討をすることになってしまい、想像が付くかとは思いますが、そうした検討は全然面白くありません。

鉄骨を製作する段階で天井裏の設備納りが全て決まっているかというと、まず間違いなくそんなに上手くいっているはずはありません。
細かい位置が決まっていないにしても、配管が通ることは確実という状況もあるかと思いますが、そうした場合はとにかくスリーブを入れておくことが重要になる、ということを覚えておきましょう。

色々検討してみたければ結局はスリーブがないと建物として成立しなくなるという事で、次回はSRC造のスリーブ納まりについての話に進んでいきます。

関連記事

  1. SRC梁の一例
  2. SRC柱の型枠
  3. 梁下端増打ちと天井の関係
  4. 育成は非常に難しい…
  5. 納まりの難しさ