• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

図面の記事一覧

3DCADでの表現例

図面で検討を進める場合の問題点

構造体と仕上材や下地材との関係、設備との関係などの納まりを検討しておかないと、現実としてどのような事になるのか。 一度造ったものを壊すなどちょっと残念な状況になってしまうよう内容でしたが、前回はそのあたりについて考えてみました。 結局は現物を見て「ダメだったか…」となって調整するのであれば、事前に問題があるかどうかを確認しておいた方がスムーズに進む。 これが図面上で事前に検討を進める大きな理由です […]

続きを読む

ダイアフラム納まり詳細図

図面では描けるけど出来ない事もある

前回例として紹介した平面プランを実現するべく検討をした結果、少し下げた状態で床レベルが決まり、鉄骨梁のレベルも決まってくる事になります。 そうした最終的な仕上の都合に合わせて構造体のレベルを設定していく訳ですが、構造体にもそれなりの制約があって、実現出来ない場合もあります。 …というような話を前回は取り上げました。 鉄骨の納まりを考えると、最終仕上ラインから追っていった構造体ラインでは納まらない場 […]

続きを読む

青焼き

誰もが使える便利なツールとして

前回はCADで図面を作図する際のメリットについて考えてみましたが、やはり正確な図形を簡単に作図出来るというのは非常に便利なものです。 作図した図面のデータをコピーして少し違う図面として編集したりも出来るので、活用方法によっては驚く程便利になる場合もあります。 手描きの時代には、作図した図面の原本を大事に取っておいてコピーした図面を使う、というやり方が主流だった為、図面はトレーシングペーパーに作図し […]

続きを読む

AUTOCAD画面

自分でゼロから作図する場合

あらかじめ作図された図面を修正する作業であれば、以前の話で紹介したように、CADが用意している機能をある程度知っておけば対応することが出来ます。 しかし何もないゼロの状態から図面を描き始めて、その図面を完成までもっていく為には、そうした基本的な知識やスキルだけではちょっと足りない場合もあるはず。 既に作図された要素を移動したりするのは比較的簡単なのですが、何もない状態から図形を柱や壁を造っていくに […]

続きを読む

整理

細かいCADの設定はあるけれど…

何もない状態からCADで図面を作図していき完成まで持っていくのはかなり大変な業務ですが、作図された図面を少し修正するだけであればそこまで大変ではありません。 最低限の機能さえ覚えてしまえば図面を修正することは可能なので、あまり身構えずにやってみるのもひとつの手だと思います。 もちろん役割分担も重要ではあるのですが、実際に自分の手でCADを操作してみると、やったことがない状態よりも少しCADの事が分 […]

続きを読む

自分で操作

作図された図面を編集する場合

建築の図面だけに限った話ではなく、自分で図面を作図することのない立場の方というのは、もっと別の業務を主に担当している場合がほとんどです。 だから図面を作図したり修正したりする時間がとれず、あまりCADの操作について追求することが出来ない、というのが現実としてある訳です。 こうした方というのは、恐らく組織の中では比較的役職として上の方に位置している方ではないかと思います。 もちろんそれぞれの組織によ […]

続きを読む

信頼関係

それぞれの得意分野で

建物を造っていくプロジェクトの中では、CADで図面を作図する仕事をメインにしている方もいるし、CADにはほとんど関わらない業務というのもあります。 図面を作図・修正する事を業務としている方であれば、CADの操作には誰よりも精通している必要がありますが、そうでない立場であればそこまでCADを使える必要はありません。 あくまでも適材適所で業務を分担しないと大きな仕事を成し遂げることは出来ません。 とい […]

続きを読む

チーム

業務を分担する意味

図面を自分で作図するのではなく、作図は図面のプロに依頼しておき、自分はもっと別の業務をするようなポジションで仕事をされる方は結構多いと思います。 CADによって図面を作図する業務というのはあくまでも仕事の一部で、全ての人が同じような業務を進めてしまうと仕事は成り立ちません。 プロジェクト全体を統括するとか、主にお金に関する業務をするなど、建物を造っていく為の業務であっても図面がメインではない業務は […]

続きを読む

CAD操作

作図された図面データを見るだけの場合

図面を作図する為のツールとして、CADというのは非常に便利なツールであり、手描きには出来ない事が出来る、という話を今まで色々紹介してきました。 CADにはたくさんの便利な機能があって、それを使う側がフル活用することで、かなり色々な業務を効率化することが可能になってきます。 CADが持っている機能をフル活用する、と簡単に書いていますが、これは実際には言うほど簡単なことではありません。 しかしそれが出 […]

続きを読む

ハードル

手描きからCADへ

図面を作図する為のツールとして、「CAD(キャド)」と呼ばれるソフトをパソコンにインストールして図面を描いていくのが現在の主流になっている。 という話を前回は取り上げましたが、今回は作図する方法が手描きからCADへと変わった理由について少し考えてみる事にします。 パソコンがまだ普及していなかった頃は手描きで図面を作図していて、実際にそれで充分に仕事として成立していました。 ドラフターにトレーシング […]

続きを読む