• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

手描きからCADへ

図面を作図する為のツールとして、「CAD(キャド)」と呼ばれるソフトをパソコンにインストールして図面を描いていくのが現在の主流になっている。
という話を前回は取り上げましたが、今回は作図する方法が手描きからCADへと変わった理由について少し考えてみる事にします。

パソコンがまだ普及していなかった頃は手描きで図面を作図していて、実際にそれで充分に仕事として成立していました。
ドラフターにトレーシングペーパーをセットして作図していき、完成した図面を青焼きでコピーして原本は大事にしまっておく、というような図面の運用をしていたんです。

しかしパソコンの処理能力が上がってきた事と、価格が比較的入手しやすい状況になってきた事があり、仕事でパソコンを使うのが一般的という状況になってきました。
そうした状況になると、人間の手で線を引いたり文字を描いたりするよりも、パソコンが代わりに作図した方が効率が良いという事になります。

こうして図面を作図する方法が手描きからCADへと変わった訳ですが、これはもう完全に革命と言える状況で、今までのやり方が根本的に変わったと言っても過言ではありません。
手描きで図面を作図するスキルを持っていた方にとっては困った変化だったと思いますが、今までのやり方が変化する時にはそうした状況になるものです。

こうした状況と同じように、図面を作図する方法がCADからまた別のやり方に大きく変わっていくという可能性は当然あるでしょう。
その時はさらに図面を作図する業務が効率化していく事でしょう。

ただ、手描きの全盛期にCADが主流になる事など想像出来なかったのと同じで、CADが全盛期の今、それに変わる何かがあるかは想像出来ないものです。
CADを便利なツールとして活用している側であれば特に、次の技術について想像するのは難しいのではないかと思います。

もちろん無理に変えていく必要はないので、しばらくの間はCADが図面を作図するツールの主流で特に問題はないと思います。

昔からのやり方から変わったということは、あまり単純な比較をするのは良くない事ではありますが、業務の中で効率化が進んでそうなったという事を意味しています。
CADというツールが、人の手で図面を作図するよりも効率が良い、もしくはそれに変わるメリットがあるという事になる訳です。

具体的にどのようなメリットがあるかというと、図面を描くという業務のハードルが大きく下がったという事が大きいと私は思っています。

ハードル

手描きの図面は非常に味わい深いというか、作図する方の個性が色濃く出る部分があって良いのですが、作図スキルを習得するのに時間がかかるというデメリットがあります。
綺麗な線を引いたり円を描く為にはある程度時間がかかるし、綺麗な文字を描くのも同様に時間がかかるものです。

しかしCADであれば誰でも水平垂直の線を簡単に引くことが出来るし、完璧な形状の円を手軽に作図することが出来ます。
その為に必要な知識は、線を引く時にどのように力を入れるかではなく、CADで線を引くコマンドが何かを覚えるだけ。

もちろんCADにも色々な設定などがあったりして、手描きにはない面倒臭さがあったりはするのですが、誰でもまっすぐな線が簡単に引けるというのは凄い事です。
文字も同様で、高さを揃えて読みやすい文字を描くのはかなりの熟練が必要なのですが、CADでは文字をキーボードで入力するだけで済みます。

今回お伝えしたかったのは、CADというツールによって図面を作図する業務のハードルが下がったという事実です。
こうしたCADの機能については後ほど詳しく説明をしていく予定ですが、まずはCADによって図面を作図するのが楽になった、という認識を持っておきましょう。

関連記事

  1. 拒否
  2. 選択肢
  3. スキルアップ
  4. 落ち込み
  5. たくさんの書籍
  6. 整理