• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

図面では描けるけど出来ない事もある

前回例として紹介した平面プランを実現するべく検討をした結果、少し下げた状態で床レベルが決まり、鉄骨梁のレベルも決まってくる事になります。
そうした最終的な仕上の都合に合わせて構造体のレベルを設定していく訳ですが、構造体にもそれなりの制約があって、実現出来ない場合もあります。

…というような話を前回は取り上げました。
鉄骨の納まりを考えると、最終仕上ラインから追っていった構造体ラインでは納まらない場合もある、というのが前回の話で、今回はその話の続きです。

スラブ下がり範囲重ね

ダイアフラムの50段差

部屋のスペックと床下げ範囲などの考え方は上図で特に問題はないのですが、鉄骨の納まりを検討していくとちょっとこれでは納まらない、という話でしたが…
なぜ上図の関係でうまく納まらないのか、というのが問題ですよね。

ぱっと見では問題なく納まりそうではあるのですが、実際には納まらない大きな理由は、鉄骨の基本的な納まりの考え方が原因になっています。
鉄骨柱やダイアフラムなどの部材は、基本的に工場で溶接されることによって接合していく、という基本が納まらない理由という話です。

ダイアフラムが納まらない部分

上図の丸印をつけた部分では、あまりにも通しダイアフラム同士の間隔が狭い為、どうしても溶接が上手くいかないんです。
図面ではいくらでも作図することは出来るのですが、実際には工場でも製作することが出来ないので、絵に描いた餅状態になっている訳です。

建築の納まりを検討する際に困るのが、図面では描けるけど実際には出来ないという状態です。
こうした状況は、図面を作図する側が本当の納まりを知らない事によって発生するものなので、ここでは実際にどうなっているかを簡単に描いてみましょう。
コラム柱と通しダイアフラムとの関係は、少し引いた図面だと下図のような表現になります。

ダイアフラムの一般的な表現

しかし実際にはコラム柱の端部と通しダイアフラムを溶接によって接合する為、コラム柱の部材を斜めにカットして溶接をすることになるんです。
これは、鋼材同士が接着剤で接合されている訳ではなく、きちんとした性能の溶接で接合されていることによるもので、溶接の仕様を考えると当たり前の納まりになります。

ダイアフラム納まり詳細図

この納まりを50mmという少ない隙間でやろうとすると…

ダイアフラムの感覚が狭い場合

このように、ちょっと非現実的な状態であることがすぐにわかります。
ただ、ここまで拡大して表現しない限り、こうした納まりが難しい(というか非現実的)事はなかなか分からないものですよね。
でも実際に鉄骨を製作するプロであれば、こうした納まりはすぐにダメだということが分かります。

鉄骨造の納まりについて解説をする際の序盤にこうした話をしたのは、鉄骨の納まりを覚えるということは溶接についても知っておく必要がある、ということを言いたかったからです。
溶接記号を全て覚えるとか、具体的に何ミリの隙間を空けておくなどの細かい話はその都度調べれば良いですし、実際私自身もそこまで暗記している訳ではないです。

しかし概要としてこんな感じで納まる、という事は知っておいた方が有利です。
そうした鉄骨の特徴を簡単に表現したのが、先ほども紹介した「鉄骨は小さな段差が苦手」という言葉で、鉄骨造の納まりを検討していく中でこれは外せない項目だと言えます。

図面では作図出来るけれど、実際に施工をしてみたら非現実的な納まりだった為、残念ながらどうしても実現が難しい。
というような事は施工者であれば何度も経験しているかと思います。
これは納まりを検討する側の知識が不足していることを意味していますので、そうならない為にも知識を幅広く持っておくことを当サイトではお勧めしています。

関連記事

  1. 耐火被覆の例
  2. 事前検討
  3. 鉄骨スリーブのイメージ
  4. 鉄骨柱の溶接処理
  5. 工場群
  6. con止めプレートの納まり