• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

それぞれの得意分野で

建物を造っていくプロジェクトの中では、CADで図面を作図する仕事をメインにしている方もいるし、CADにはほとんど関わらない業務というのもあります。
図面を作図・修正する事を業務としている方であれば、CADの操作には誰よりも精通している必要がありますが、そうでない立場であればそこまでCADを使える必要はありません。

あくまでも適材適所で業務を分担しないと大きな仕事を成し遂げることは出来ません。
ということで、時間が限られている中で最高の仕事をこなす為には、自分だけの力で全ての業務をこなしていく、などの考え方を捨て去る必要があるんです。
これは簡単そうに見えて結構難しい事でもありますが。

難しいからこそ実現する価値はあるという事で、もし自分よりもCADのスキルが高い方がいたら、その方に図面修正を任せた方が良いはず、という話を前回は取り上げました。
様々な仕事をそつなく進める事が出来る優秀な方でも、全ての業務を自分でやってしまわないように気をつけることが重要です。

そうして様々な業務を色々な人で手分けをして進めていく、というのが仕事の醍醐味でもあるので、そういった意味でも業務は分担した方が良いです。
それぞれの分野にはそれぞれのプロが存在するので、それぞれが力を発揮する状態をつくった方が効率が良いのは間違いないですから。

この考え方をすると、図面を作図する立場にない方であれば、CADについては寸法を確認したり印刷をしたりする程度の操作を知っているだけで充分、という感じになります。
それ以上の操作が必要になる場合には、図面を実際に作図している方にやってもらった方が、作業の分担という意味では効果的という事になる訳です。

業務を分担する事によって時間を生み出して、その時間を自分が得意とする業務にあてる事で、より効率の良い仕事が出来るようになる。
こうした流れが出来るのが理想ではないかと思います。

ただ、実際にCADをシビアに使った業務はしないかも知れませんが、CADというのがどのような特徴を持ったツールなのかをきちんと把握しておくことは非常に重要です。
CADを使った業務を誰かに依頼するのですから、CADを使ってどんな事が出来るのか、それにはどの程度の手間がかかるのか、などを掴んでおいた方が良いに決まってますよね。

間違っても「CADを使えば簡単に出来るんでしょ?」などの無知な発言はせず、どんな事が出来てどの程度の時間がかかるものなのかを知っておいて仕事を依頼した方が良いです。

信頼関係

CADを使う方は当然CADのプロですから、どんな事を言われたとしても自分の業務をきっちりと進める事が求められますが…
そうは言ってもやはり人間ですから、自分の仕事に対してしっかりした理解がある人から仕事を頼まれるのと、何も分かっていない人から頼まれるのではどうしても対応が違ってしまいます。

図面というのはパソコンとCADを使ったデジタルな感じの仕事になりますが、やはり最後は人と人の信頼関係というアナログな感じで仕事は進んでいくことになります。
こうした考え方は、この先どれだけCADの機能が進歩したとしても、最後まで変わることがない考え方ではないかと思います。

ちょっと気持ちの持ち方とか言い方などのメンタル的な話になってしまいましたが、仕事を円滑に進める為には、メンタル的な話は避けて通りことは出来ません。
それを考えると、業務を依頼する側としてCADを使ってどの程度の事が出来るのか、というあたりを把握しておく事の重要性が分かってくるはずです。

それを踏まえた上で業務分担を進めると効率が良くなる、という話でした。

関連記事

  1. 作図時間
  2. 寸法矢印の選択
  3. ハリセン
  4. AUTOCAD画面
  5. 手描きスケッチ
  6. 選択肢