• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

作図された図面を編集する場合

建築の図面だけに限った話ではなく、自分で図面を作図することのない立場の方というのは、もっと別の業務を主に担当している場合がほとんどです。
だから図面を作図したり修正したりする時間がとれず、あまりCADの操作について追求することが出来ない、というのが現実としてある訳です。

こうした方というのは、恐らく組織の中では比較的役職として上の方に位置している方ではないかと思います。
もちろんそれぞれの組織によってそのあたりは少しずつ違っているものですが、一般的にはプロジェクト全体を統括する立場の方であれば、自分で図面を修正する機会はありません。

一方で、自分ではCADで図面を作図しない方の中でも、作図された図面の内容を少し編集するくらいのレベルでCADを使う必要性がある方もいるはずです。
図面を修正するとは言っても、CADのエキスパートに頼むほどの修正ではない場合も多く、それなら自分で修正した方が早い、という場合も結構ありますから。

自分で操作

そうした状況で図面を修正する方であれば、先ほど書いたように寸法を確認したり印刷したりする程度の操作だけではなく、もう少し深くCADの操作について知っておく必要があるでしょう。
この場合であっても図面を修正する方は、CADの操作以外の業務を担当している場合がほとんどですから、図面修正だけに時間を割く訳にはいかないという事情もあります。

このような状況の場合、CADを操作する為に覚えておいた方が良い機能というのは結構増えてきて、箇条書きにしていくとそれなりの量になってきます。
しかしCADを使った業務が本業という訳ではないので、操作をする為に求められるスキルは結構高いものの、それだけをやる訳にはいかないという結構難しい立場になるかも知れません。

そうした立場の方が、最低でも知っておいた方が良いというCADの機能をピックアップしてみると、このような感じになるかと思います。

・作図された要素を消す(ERASE)

・作図された要素を移動する(MOVE)

・作図された要素をコピーする(COPY)

・作図された線に対する平行線を作図する(OFFSET)

・線と線をつなげる(FILLET)

・線をのばす(EXTEND または STRETCH)

・線を切り取る(TRIM)

・文字を編集する(TEXTEDIT)

・寸法を記入する(DIMLINEAR)

・寸法線の押さえ位置を変更する(簡易ストレッチ)

・作図されている要素に設定を合わせる(MATCHPROP)

ざっくりとではありますが、上記のような操作を覚えておけば、既に作図された図面を編集するのに困る事は少なくなってくるはずです。
もちろんもっとたくさんの機能を知っていればさらに図面編集の効率は上がっていくことになりますが、CADに全ての時間を使う訳にはいかない状況もあるので全てを求める訳にはいきません。

ちなみに上記の箇条書きで、操作の後ろに記載している( )内の文字は、AutoCAD(オートキャド)のコマンド名を意味しています。
もし仮に別のCADを使っている、もしくは別のCADを使う予定の方であれば、コマンド名は全然気にしないで構いません。

しかしどのような種類のCADであっても、作図された要素を移動したり消したりする機能があることに違いはありません。
そうした基本的な機能を覚えておき、単純な修正であればそうした基本的な機能で済ましてしまうという考え方は充分アリだと思います。

上記したような機能だけを覚えるのであれば、恐らくそれほど膨大な時間を割かなくても覚えることが出来るのではないでしょうか。
そうした最低限の機能をまずは覚えておき、あとは必要に応じて少しずつ知っている機能を増やしていく事が出来れば理想的。

という事で、ちょっとした図面の修正であればそれほど難しいものではありませんので、実際に自分の手でやってみるのも良いと思います。

関連記事

  1. スキルアップ
  2. 落ち込み
  3. 手描きスケッチ
  4. 手描きスケッチ
  5. 青焼き
  6. スケジュール