• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-天井の記事一覧

リブが付いた岩綿吸音板

岩綿吸音板の特徴と基本納まり

前回は天井仕上材としてアルミパネルの特徴と納まりについて説明をしました。 最初に取り上げておいてちょっと言いにくいのですが、建物全体の中で考えると天井仕上材をアルミパネルにする部屋というのはあまり多くはないと思います。 逆にそれだけグレード感のある仕上材という事も言えるでしょう。 主に建物のメインとなる限られた場所で、壁仕上材と合わせて検討をしていき、アルミパネルが採用されることになる、という感じ […]

続きを読む

天井アルミパネルの一例

天井仕上材としてのアルミパネル

天井についての色々な話をしていく中で、結局前回は天井仕上材について個別に詳しい説明をしていくことが出来ませんでした。 説明していく中で「これも説明しておいた方が良いかも」と思うことが芋づる式に出てくることがあって、収拾が付かなくなってしまうパターンです… これでは話が先に進んでいかないので、今回は本当にそれぞれの天井仕上材についての説明に進んでいくことにします。 まずはアルミパネルの特徴と納まりに […]

続きを読む

天井に取り付く器具の一例

天井仕上材による納まりの違い

前回は天井仕上材の主な種類についていくつか紹介しましたが、名称だけしか紹介することが出来ませんでした。 今回はそれぞれの項目について、もう少し詳しく特徴や見た目、そして納まりなどについて説明をしていこうと思っています。 まずは前回挙げた天井仕上材についてもう一度おさらいを。 ・アルミパネル ・岩綿吸音板 ・化粧石膏ボード ・塗装仕上 ・ビニルクロス ・システム天井 ・ルーバー天井 天井仕上材で主に […]

続きを読む

特殊な天井の一例

天井仕上材の種類は色々

前回はちょっと天井の納まりについての話からそれてしまい、クリアランスに対する設計者と施工者のスタンスの違いについての話をしてしまいました。 設計者の考え方と施工者の考え方が違ってくる、という話は結構面白いものですが、これはお互いに立場が違っている以上はどうしても出てくるものです。 同じ建物を建てているのだから考え方が違うのは良くないとか、そうした考え方の違いをなくすべきとか、そういう実現不可能な事 […]

続きを読む

施工誤差0は難しい…

意匠設計者と施工者の立場

前回は上階の梁と天井との関係を調べていき、最終的にどの程度梁下に寸法があれば天井としては納まるのか、というあたりを考えてみました。 鉄筋コンクリート梁の場合は100mm程度、出来れば120mm程度、鉄骨梁の場合は150mm程度の寸法があれば、天井下地を含めて納まることになります。 これらの寸法は「クリアランス」と呼ばれる考え方も含めた寸法になっていて、余分な寸法に見えるかも知れませんが、必要な寸法 […]

続きを読む

天上レベルとS梁の関係例

クリアランスという考え方

上階の梁と天井との関係について検討をする際に、具体的にはどの程度の寸法をあけておく必要があるのか、という話を前回は考えてみました。 天井下地寸法として野縁受け38mm+野縁19mmの厚みがまずは必要で、そこに張っていく石膏ボードなどの厚みを大きい方で考えて25mm。 合計82mmの天井となるので、梁下端と天井面との関係は、82mmに少し余裕を見た寸法として100mm程度が最低は必要、という話でした […]

続きを読む

天井下地と天井仕上を考慮した寸法

天井下地と梁下との関係

前回は天井下地として吊りボルトを配置していく検討の中で、天井インサートの配置計画をどこまで綿密に検討していくのか、というテーマで話をしてみました。 ・膨大な時間と手間をかけて ・最終的には見えなくなってしまう天井下地の吊りボルトを ・的確に配置していく計画をする 箇条書きにするとちょっと変な感じになってしまいますが、上記のような作業をどこまで綿密にやっていくのが正解なのか、という話でした。 このあ […]

続きを読む

インサートとデッキリブの関係例

どこまで天井インサートを調整するか

前回は天井を固定する為に必要な吊りボルトの配置という話で、天井インサートを配置する際の必要ピッチについての話を取り上げました。 ただ、900mmピッチかつ壁から150mm以内という条件を満たして配置した場合でも、以下のような関係になっていると吊りボルトを下ろすことが出来ません。 ・梁が邪魔で天井インサートが入らない ・鋼製型枠のリブがあって入らない ・天井インサートを入れても下にダクトなどがあって […]

続きを読む

天井インサート配置例

天井インサートの配置計画について

天井下地である軽量鉄骨を固定する為の吊りボルトは、基本的に上階の床コンクリートに固定されることになりますが、その具体的な納まりはどのようなものか。 前回はそのあたりについて少し詳しく説明をしてみました。 天井インサートと呼ばれる器具を上階の床コンクリートに打ち込んでおくことによって、天井下地である吊りボルトを確実に固定していく。 こうした納まりの考え方は非常にシンプルで良いのですが、事前に天井イン […]

続きを読む

天井インサート納まり図

天井下地である吊りボルトの納まり

前回は天井下地として吊りボルトがどのような関係になっているのかという話と、具体的な吊りボルトのサイズについて紹介をしました。 天井納まりを検討していく際には、主に断面図を作図していく事が多いのですが、検討断面図の中では吊りボルトはあまり表現しない場合がほとんど。 納まり検討にそれほど大きな影響を与えない吊りボルトについて詳しくなっても、それほどメリットはないという気がしてくる事もありますが… 色々 […]

続きを読む