• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

天井仕上材としてのアルミパネル

天井についての色々な話をしていく中で、結局前回は天井仕上材について個別に詳しい説明をしていくことが出来ませんでした。
説明していく中で「これも説明しておいた方が良いかも」と思うことが芋づる式に出てくることがあって、収拾が付かなくなってしまうパターンです…

これでは話が先に進んでいかないので、今回は本当にそれぞれの天井仕上材についての説明に進んでいくことにします。
まずはアルミパネルの特徴と納まりについての話からスタートです。

□アルミパネル

アルミパネルがどのような材料なのかというのは、ちょっと読んだままになってしまいますがアルミニウムで出来たパネル状の仕上材という事になります。
天井のアルミパネルも壁と同様に、曲げパネルとカットパネルの納まりがあって、意匠的にはアルミカットパネルの方がエッジが出て美しいとされています。

天井アルミパネルの一例

アルミパネルの表面は色々な色の選択肢があり、表面が滑らかになっている事もあって、非常に美しい表面仕上の状態になっています。
周囲の仕上材にあわせて色を選定する事が出来るというのは、それだけ選択肢の数が増えることになるので、意匠設計者としては非常にありがたい事です。

そうした選択肢の多さにプラスして、アルミパネルの表面も非常に美しい状態になるのですが、天井仕上材の中ではかなりコストがかかる材料でもあります。
見た目の美しさやコストなどを考えていくと、アルミパネルは天井仕上材の中でもかなりグレードの高い製品ということが言えると思います。

また、これは天井アルミパネルだけの話ではありませんが、仕上材として選定される金属パネルの表面を塗装する場合は、基本的に焼付塗装(やきつけとそう)という処理をすることになります。
メラミン系・アクリル系・フッ素系など、焼付塗装にはいくつかの種類があって、それぞれの種類によって少しずつ特徴が違ってくるのですが…
ここで取り上げているのは天井仕上材としてのアルミパネルなので、焼付塗装の種類などの細かい説明はやめておき、概要だけを押さえておくことにしましょう。

焼付塗装と言っても本当に火を使ってアルミ材を焼いていく訳ではなく、塗装をかけた材料を120℃~180℃程度の部屋に入れて加熱する処理の事を指して「焼付塗装と呼びます。
高温の状態で一定時間おくことによって、塗装の皮膜を硬化させる事が出来て、見た目の美しさや耐久性などのメリットが出てくるという感じです。

工場で塗装処理をすることになるので、現場で塗装をする場合に比べて比較的早めに色を決めておく必要がありますが…
現場で塗装をするよりも確実に美しい仕上がりになるので、早めに色を選定してでも焼付塗装を選択しておいた方が良いでしょう。

アルミパネルの納まりとしては、曲げパネルもカットパネルも基本的に壁と同じ考え方になり、目地部分に下地を流しておいてそこにビスで留めていくという関係になっています。
アルミパネルの厚みは3mm程度になりますが、下地に固定する為の曲げ金物などを考えると20mm~30mm程度の厚みという事になります。

天井アルミパネルの納まり例

上図を見て頂ければ分かりますが、天井アルミパネルの納まりは壁のアルミパネル納まりとあまり変わらない状態になります。
ただし、前回も書いたように壁と天井とでは取り付けられる器具の数が全然違ってくるので、アルミパネルの天井面にもたくさんの器具が配置されることになるはずです。

その場合は目地部分に器具を配置するのか、あるいは目地を逃げた位置に器具を配置するのかなど、天井目地位置と器具との関係をきちんと検討しておく必要があります。
アルミパネルの目地と設備器具の関係としては、目地を狙って器具を配置するという考え方と、目地を逃げた位置(つまりアルミパネルの中央)に器具を配置するという考え方があります。

どちらかと言えば目地を狙わない方が綺麗に納まるかなという気がしますが、そのあたりは意匠設計者の考え方という事になります。

関連記事

  1. インサートとデッキリブの関係例
  2. パネル式可動防煙垂壁
  3. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  4. 化粧ケイカル版天井のイメージ
  5. 天井と梁が干渉している例
  6. 天井インサート配置例