• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

天井仕上材による納まりの違い

前回は天井仕上材の主な種類についていくつか紹介しましたが、名称だけしか紹介することが出来ませんでした。
今回はそれぞれの項目について、もう少し詳しく特徴や見た目、そして納まりなどについて説明をしていこうと思っています。

まずは前回挙げた天井仕上材についてもう一度おさらいを。

・アルミパネル

・岩綿吸音板

・化粧石膏ボード

・塗装仕上

・ビニルクロス

・システム天井

・ルーバー天井

天井仕上材で主に利用されるのは上記になってきますが、天井の見せ方や納まりのパターンとしては結構色々あるものです。
今回はそれぞれの天井仕上材について色々と説明を追加出来ればと思っています。

天井仕上材については、あまり目立たないように白系で無難なものが、結局は部屋の雰囲気を考えると良いのではないか。
前回は私の個人的な考えとして、このような事を書いてみましたが、もちろんこうした考え方は意匠設計者によって様々であるはずです。
私の考え方が全部正解という訳でもないですし、全然的外れで違っている訳でもありません。

建物の仕上がりには「これが間違いなく正解」というものはありません。
そういうパターンがあれば楽なのですが、それでは恐らく面白くないはずで、建物全体の事を考えながら、設計者としてどのような仕上材が適切なのかを考えていく。
そのような作業が必要になってくるのではないかと思います。

以前も似たようなことを書いている気がしますが、そうして建物の場所ごとに適切な仕上材を剪定していく為には、色々な仕上材について知っておく必要があります。
たくさんの選択肢の中で、ここではどういったものが適しているかを判断していく事になりますから、選択肢はある程度多くないと困る訳です。

天井仕上材は割と身近な存在で、例えば今自分がいる部屋の天井は何だったか…みたいにすぐ見ることが出来るのが良いところです。
なので、当サイトの写真だけではなく、自分の近くにある天井仕上材についても、意識して見ていくことをお勧めします。

また、ここで少し別の話をしてしまいますが…
天井仕上材には壁と同じものが取り付けられる場合も結構ありますが、壁と天井とでは基本的に考え方が大きく違う部分があります。
天井の納まりを知っておく為には、まずは壁との違いについても知っておいた方が良いです。

・天井仕上材は落下する恐れがある

・天井には器具がたくさん取り付けられる

天井仕上材は壁に取り付けられる場合と違い、自重によって落下する恐れがある、というのが非常に大きな違いだと言えます。
例えば石やタイルなどの重量があるものは、あまり天井仕上材としては採用されないのですが、それはもちろん落下した際に危険だからという理由があるからです。

また、壁にもスイッチやコンセントなどの設備関連器具が取り付けられることになりますが、天井にはもっとたくさんのものが取り付けられることになります。
例えば照明器具やスピーカーや空調器具、スプリンクラーヘッドなど、壁とは比べものにならないくらいの物量を天井面に取り付ける必要があります。

天井に取り付く器具の一例

このあたりの話はもう少し後で詳しく説明していくつもりですが、天井に取り付けられる器具の配置と天井の割付も考慮しておくことが求められます。
天井仕上材はそれぞれの製品によって違いますが、それ程大きなものではないことが多いので、天井には割と細かくラインが入ることになります。

そのラインをどのように見せるのかという話と、天井に取り付ける器具をどのように配置していくかの検討をしていくのも意匠設計者の役割です。
そうした検討をしていく為にも、それぞれの天井仕上材の特徴をしっておき、目地部分がどのように見えるのかを知っておくことが重要になってきます。

…と、天井仕上材について詳しく説明をすると言いながら、ちょっと違う話をずっとしてしまい、結局本題に進むことが出来ませんでした。
余分な話はこれで終わりにしておき、次回からは天井仕上材としていくつかの種類を、見た目や特徴や納まりなどの細かい部分まで説明していくことにします。

関連記事

  1. 天井アルミパネルの一例
  2. 天井塗装仕上のイメージ
  3. 天井内配管のイメージ
  4. 天上レベルとS梁の関係例
  5. リブが付いた岩綿吸音板
  6. 天井インサート納まり図