• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

意匠設計者と施工者の立場

前回は上階の梁と天井との関係を調べていき、最終的にどの程度梁下に寸法があれば天井としては納まるのか、というあたりを考えてみました。
鉄筋コンクリート梁の場合は100mm程度、出来れば120mm程度、鉄骨梁の場合は150mm程度の寸法があれば、天井下地を含めて納まることになります。

これらの寸法は「クリアランス」と呼ばれる考え方も含めた寸法になっていて、余分な寸法に見えるかも知れませんが、必要な寸法だという話も取り上げました。
施工精度を見ておく事と、性能を確保する為に厚みが必要な部分では少し厚めを狙っていくという事を考えると、やはりある程度のクリアランスがないと納まらないんです。

もちろん図面上では、梁が少し施工精度によって下がっている状況を表現するのは難しいですし、耐火被覆を少し余分に吹いている表現をするのも変な感じです。
図面はあくまでも目指すべき理想的な状態の完成形を示す必要があって、現実はこうなるみたいな状況を表現するものではありません。

理想的な状況というのはつまり、梁レベルは施工精度を無視した正規の位置になりますし、耐火被覆は25mmとか45mmなどのぴったりな寸法で表現するという事です。
そうして理想的な状態を図面では表現していくしかないのですが、ぴったりで逃げのない表現をするからこそクリアランスが必要なんです。

施工誤差0は難しい…

図面上の理想的な納まりと、現実は理想的には進まないという状況を意識して、クリアランスを設けておくことが納まり検討の基本。
このあたりの関係を、納まり検討をしていく人は知っておく必要があって、それを知りながら理想的な最終形を作図していく、という流れになります。

ただ、実際の施工は図面通りにはいかないという現実の納まりを知りすぎてしまうと、施工精度によるクリアランスをかなり大きめに確保していく傾向になってしまいます。
しかし、いくら施工精度の問題があってクリアランスゼロを狙えないからと言って、クリアランスを大きく取り過ぎてしまうのはNGです。

やはりそうしたクリアランスの設定にも限度というものがあります。
頑張って施工精度ゼロを目指しても、やはり人間が作業することなので多少はずれてしまう、というくらいの数値を吸収出来るクリアランスが適切ではないかと思います。

このあたりの設定を施工者が検討して調整していくと、やっぱりクリアランスを大きめに見ながら検討を進めることになってしまいます。
逆に意匠設計者が納まりの検討をしていくと、「建物をこうやって納めたい」という気持ちが非常に強くなってしまい、クリアランスをゼロに設定してしまいがち。

こうした感覚の違いというのは、設計者の考え方と施工者の考え方の違いを非常によく表しているので、なかなか面白いと思ってしまいます。
もちろんこれは一般的な考え方の傾向であって、皆がこのように考えます、という決めつけをしている訳ではありませんが…

意匠設計者が「施工者はクリアが必要と言っているけれど、頑張ればかなりの精度で施工は出来るのではないか?」と思ってしまうのも分かります。
一方で施工者が「精密機械を作ってる訳ではないのだから、クリアランスをゼロにして納めるなんて不可能に決まっている」と思ってしまうのも分かります。

結局のところは設計者と施工者がお互いに歩み寄って意見をすりあわせていき、適切な寸法のクリアランスを確保しておく、という事になると思います。

意匠設計者には、施工者は別に楽をしたくてクリアランスを多めに取っている訳ではありません、という事を知っておいて頂きたい。
施工者には、やはり出来るだけ建物を広く取ったりする為に、頑張って精度を高めて納めて欲しい部分もある、という事を知って頂きたい。

というような感覚になるのだと思います。
今回は梁下端と天井との間の納まりでクリアランスの考え方について書きましたが、もちろんクリアランスの考え方は色々なところに出てきます。

場所に関わらず、設計者と施工者の考え方が少し違っている事や、クリアランスに対するスタンスの違いなどは必ずあるもの。
最終的には適切なクリアランスの納まりに設定する為にも、お互いの考え方の違いについてしっかりと押さえておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 天井間接照明のイメージ
  2. 化粧ケイカル版天井のイメージ
  3. パネル式可動防煙垂壁
  4. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  5. 天上レベルとS梁の関係例
  6. アルポリック接着貼の納まり