• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり-床の記事一覧

ビニル床タイルの一般的な納まり

ビニル床タイルの納まり

ちょっと長くなってしまいましたが、前回まででビニル床タイルの細かい分類毎の特徴について説明をすることが出来ました。 床仕上材のひとつであるビニル床タイルだけでこんなに色々な話がある、というのはなかなか面白いもので、やはり建築関連の知識というのは奥が深いものです。 これはビニル床タイルに限った話ではありませんが、本当に様々な目的や用途にあわせて商品が開発されていので、選ぶ側としては選択肢が多くて助か […]

続きを読む

OAフロア+置敷きビニル床タイル

置敷きビニル床タイルの特徴

前回までの話で、コンポジションビニル床タイル・単層ビニル床タイル・複層ビニル床タイルが持っているそれぞれの特徴について説明を進めてきました。 上記のビニル床タイルは色々な特徴を持っていますが、施工方法としては床コンクリートに接着剤で固定していくという通常の納まりになっています。 今回紹介する置敷きビニル床タイルは、今まで紹介してきたビニル床タイルとは少し違い、材料の特徴というよりも施工方法に特徴が […]

続きを読む

複層ビニル床タイルの断面

複層ビニル床タイルの特徴

コンポジションビニル床タイルとの違いが違いがかなり微妙なところですが、前回は単層ビニル床タイルが持っている特徴について紹介をしてみました。 単層ビニル床タイルは色が鮮やかで美しいという特徴を持っていて、こうした特徴は仕上材として大きな強みだと言えるでしょう。 ただ、部屋の用途によっては、若干くすんだ色の方がマッチしているという場合もあるので、そのあたりは一概には言えないところではありますが。 ショ […]

続きを読む

単層ビニル床タイルの例

単層ビニル床タイルの特徴

前回はビニル床タイルの分類について説明をする為、まずはコンポジションビニル床タイルの特徴がどのようなものなのかを紹介しました。 ビニル床タイルについては、ちょっと分類が明確になっていない気も…というような話を前回も取り上げましたが、硬さによって分類が変わると考えると少し分かりやすいかも知れません。 バインダーというのは要するにつなぎ材のようなものですから、その含有率が違うということは、材料が柔らか […]

続きを読む

コンポジションビニル床タイルの断面

コンポジションビニル床タイル

ビニル床タイルにはその成分などによっていくつかの種類があって、見た目は結構似ているものの、それぞれ少しずつ性能が違ってきます。 そんな話を前回は取り上げてみましたが、見た目はそれほど変わらないので少し微妙に感じる方もいるのではないでしょうか。 それぞれの性能の違いを生み出す要因となっている「バインダー」というのがどのようなものなのか、という話もしてきましたが… 結局バインダーは見えなくなってしまう […]

続きを読む

ビニル床タイルの一例

ビニル床タイルの分類について考える

ビニル床タイルと呼ばれる床仕上材は、塩ビ樹脂で構成されているタイル形状(=四角形)の床仕上材を指した名称です。 もしかしたら「Pタイル」とか「プラスチックタイル」などの呼び方の方が、聞き慣れていてしっくりくるかも知れませんが… 当サイトではやはり正式な名称であるビニル床タイルという呼び方をしていこうと思います。 ただ、ビニル床タイルという呼び方は全体を表す呼び方でしかなく、その中には色々な種類の床 […]

続きを読む

セルフレベリング材の納まり例

セルフレベリング材の納まりとは

現場で打設する床コンクリートの表面というのは、きちんと鏝(コテ)で均していく訳ですが、完全に水平にもっていく事は難しいという現実があります。 その為、床コンクリートの表面に直接張っていく長尺塩ビシートのような床仕上材の場合、表面の凹凸がそのまま床仕上材の表面に出てきてしまう可能性が高いです。 その為「セルフレベリング材」と呼ばれる材料を床コンクリートに流していき、表面を水平にしてから長尺塩ビシート […]

続きを読む

セルフレベリング材の施工例

セルフレベリング材という考え方

前回は長尺塩ビシートの特徴や納まりについての簡単な説明をしましたが、納まりとしてはそれほど難しいものであない、という事が分かってきたと思います。 床コンクリートの直接床仕上材を張っていく、という種類の床仕上材であれば、おそらくどのようなものであってもそれほど難しい関係にはならないんです。 建物全部の床仕上材について検討する必要はないです、というような話を以前しましたが、こうしたシンプルな納まりであ […]

続きを読む

床仕上レベル設定の考え方

長尺塩ビシートの特徴と納まり

長尺(ちょうじゃく)塩ビシートというのは、ちょっとそのままの表現になりすぎてしまいますが、ロール状に巻いてある塩ビ製の床仕上材になります。 ロール状に巻いてある状態からクルクル伸ばしていくとかなり長くなるので、単純に長尺シートと呼ばれることもあります。 長尺塩ビシートの厚みは2mm~3mm程度と薄く、色や柄のバリエーションも豊富でなおかつ安価という特徴を持っています。 見た目と価格などのバランスを […]

続きを読む

床レベルの検討

具体的な床仕上材の名称

床仕上材はその素材によって本当に色々な種類がありますが、その厚さによって納まりの大きな分類は以下のようになっている、という話を前回までの説明では取り上げて来ました。 ・薄くてコンクリートに直接施工する床仕上材 ・ある程度厚みがあって仕上代が必要な床仕上材 ・床仕上材の下に何かを仕込んでおく必要がある場合 それぞれの項目についての簡単な説明を前回と前々回とで取り上げているので、まだ読んでいない方は一 […]

続きを読む