• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

長尺塩ビシートの特徴と納まり

長尺(ちょうじゃく)塩ビシートというのは、ちょっとそのままの表現になりすぎてしまいますが、ロール状に巻いてある塩ビ製の床仕上材になります。
ロール状に巻いてある状態からクルクル伸ばしていくとかなり長くなるので、単純に長尺シートと呼ばれることもあります。

長尺塩ビシートの厚みは2mm~3mm程度と薄く、色や柄のバリエーションも豊富でなおかつ安価という特徴を持っています。
見た目と価格などのバランスを考えていくと、長尺塩ビシートという床仕上材は、かなりお得感の高い床仕上材ではないかと思います。

そうした理由から、様々な部屋で採用される事の多い床仕上材だと言えます。
ただ、これはもう仕方がない事ではありますが、床仕上材の中では比較的安価な製品ですから、グレードとしてはあまり高いものではありません。

グレードが高くないとは言っても、それほど見映えが悪い訳でもありませんので、便所とか倉庫とか廊下など様々な部屋に採用される事になるはずです。
ただ、長尺塩ビシートに高級感があるかというとさすがに微妙なところですから、建物のメインとなるエントランスなどではなかなか採用されにくいという現実も。

このあたりの選択は意匠設計者の考えひとつになる訳ですけど、やはり高級感を出したい部分には長尺塩ビシートではなく石などが選ばれやすいですね。
長尺塩ビシートの見た目はこんな感じになっています。

床長尺塩ビシートのイメージ

実際既に完成して運用されている建物などを見ていくと、実は色々なところで長尺塩ビシートが採用されている、という事に気がつくと思います。
一般的な床仕上材だけあって、あまり目立たないという特徴を持っていますから、じっくり注意して見ていかないと全然分からないという欠点もありますが…

こうした目立たないという大きな特徴は、場所によっては結構助かると感じる場合もあるんです。
床はあまり目立たない方が良いというか目立つ必要がないという考え方もあるので、目立たない色のラインナップが多くなっています。

もちろん「これはどこに張れば良いの?」と思ってしまうような、びっくりする柄にも時々出会うことが出来ますが…
これは結構例外的な事で、一般的には地味であまり主張しない雰囲気の商品が多くなっています。

納まりについて考えてみると、厚みが2mm~3mm程度とそれほど厚くない床仕上材ですから、基本は床コンクリートに直接張っていくような関係になっています。

床長尺シートの納まり例

長尺塩ビシートをコンクリートに直接張っていくというシンプルな納まりですから、床コンクリートとの関係について検討すべき項目はそれほど多くありません。
強いて挙げてみると、ちょっと細かい話になってしまいますが、床コンクリート天端レベルをFL±0に設定するか、それとも長尺塩ビシート天端レベルをFL±0に設定するかくらいです。

床仕上レベル設定の考え方

とは言っても長尺塩ビシートの厚みは厚くて3mm程度ですから、どちらでも納まり上大きな問題になる事はないので、検討するというよりも方針を決めておくという感じですね。
これは長尺塩ビシートだけに限った話ではなく、床コンクリートに直接張っていく床仕上材全般に言えることなので、これについては改めて説明しようと考えています。

ただ、床仕上材の天端レベルはともかくとして、床コンクリートの表面が綺麗に打設出来ているかどうかによって、長尺塩ビシートの見え方は結構変わってくることになります。
そのあたりを考慮して床コンクリート天端レベルを決める場合もありますので、次回はそうした表面の見せ方について考えてみることにしましょう。

関連記事

  1. 床タイルカーペットの例
  2. 床タイルのイメージ
  3. タイルカーペットのイメージ
  4. お礼
  5. コンポジションビニル床タイルの断面
  6. 床OAフロアの例