• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

単層ビニル床タイルの特徴

前回はビニル床タイルの分類について説明をする為、まずはコンポジションビニル床タイルの特徴がどのようなものなのかを紹介しました。
ビニル床タイルについては、ちょっと分類が明確になっていない気も…というような話を前回も取り上げましたが、硬さによって分類が変わると考えると少し分かりやすいかも知れません。

バインダーというのは要するにつなぎ材のようなものですから、その含有率が違うということは、材料が柔らかくなったり硬くなったりするという事を意味しています。
だから硬めの商品があったり、比較的柔らかめの商品があったりする事になる訳で、そのあたりの違いに少し注目しつつ話を進めていきましょう。

と言うことで、今回紹介するのは単層ビニル床タイルの特徴についてです。

□単層ビニル床タイル

単層ビニル床タイルというのは、読んだままの説明で少し恥ずかしい感じもありますが、単層で構成されたビニル床タイルを指します。
それだけでは先ほど紹介したコンポジションビニル床タイルと変わらないのですが、この単層ビニル床タイルはバインダーの含有率が30%以上の床仕上材になります。

…全然ピンと来ない説明だとは思いますが、ビニル床タイルには一応このような分類がありますので、知識として頭の隅に入れておいても良いと思います。
単層ビニル床タイルの見た目はこのような感じになっています。

単層ビニル床タイルの例

正直なところ、コンポジションビニル床タイルと何が違うのか? と思ってしまうかも知れませんが、違いはバインダーの含有率だけ。
バインダーの含有率が多めの単層ビニル床タイルですから、コンポジションビニル床タイルに比べると柔らかい状態であることが多いです。

それが原因かは分かりませんが、あまり商品のラインナップは多くないようで、上記のような注意喚起用の床材などしか見つける事が出来ませんでした。

昔の規格については触れないと書きましたが、これではいくら何でも分かりにくいので、ここで昔の規格で表現してみると「ホモジニアスビニル床タイル」という呼び方になります。
昔は「コンポジション」と「ホモジニアス」という区分だったんですよね。

それが今は「コンポジション」だけが残って、ホモジニアスビニル床タイルが「単層ビニル床タイル」になっている、という感じになっています。
こうした変更は以前の仕様で覚えた方をさらに混乱させてきますが、ある程度新しい仕様で覚えておくしかありません。

このような区分に意味があるかどうかは別として、一般的に広まるかどうかという点を考えると、間違いなく広まりにくい分類のやり方ではないかと思います。
もう少し良いやり方があったのではないか、という気がしないでもないですが、こうした分類で決まってしまったのでもう仕方がありません。

建築関係の仕事に就いている方だけが覚えれば良い話なので、そこまで分かりやすくする必要は確かにないのですが、それでもこれはちょっと…という気がします。

単層ビニル床タイルの特徴は以下のような感じです。

・意匠性が高め

・価格はやや高め

・熱などによって伸縮しやすい

・耐摩耗性が高い

・耐薬品性が高い

・難燃性は低い(タバコに火に弱い)

単層ビニル床タイルの特徴を見ていくと、コンポジションビニル床タイルの方が優れているような気がしてしまいますが、やはり意匠性が高いというのは大きな強みです。
床を美しく見せたいと考えた時に、鮮やかな色のビニル床タイルと少々くすんだ色のビニル床タイルがあったら、おそらく前者が選ばれることになるはず。

これはビニル床タイルに限った話ではなく、意匠性が高い仕上材というのは、若干価格が高めであっても採用されやすいものです。
見た目が美しいというのはそれだけで大きな価値があるということでしょう。

関連記事

  1. 床OAフロアの例
  2. 本磨き仕上の石
  3. 塗り床のイメージ
  4. 床石張りの標準断面図
  5. セルフレベリング材の施工例
  6. 図面検討の役割