• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工者の役割の記事一覧

残業

施工者の業務は色々

建物を造っていく上で施工者が検討していく項目について今まで色々書いてきましたが、そうした検討事項は本当に色々あってボリュームも多いです。 それだけに、上手く計画して段取りよく進めることが出来れば、請負金額の単位が大きい分だけ利益も上がってくるというものです。 ただ、施工者としてやるべき事が多すぎるため、その全てをこなそうとすると仕事が夜遅くにまでなってしまう傾向にあります。 そうなってしまうと、い […]

続きを読む

計画

どうやって施工するかの計画

設計図を基本方針にしながらも、コストをにらんで様々な提案をしていき、場合によっては施工のプロとして提案をする事によって設計図に記載されている内容を変えていく。 というような話を前回は紹介しました。 こうした提案には当然深い知識と豊富な経験が必要になってきますが、そうした知識と経験を持っているのが施工者であるゼネコンなんです。 工事の請負金額が決まっている以上、出来るだけ適切なコストで施工を進める為 […]

続きを読む

コスト管理

施工者側から設計者に提案も

先ほども書きましたが、施工段階でも施主との調整は進めていく事になりますから、設計変更が出るのはある程度当然の事だと考えるしかありません。 ただ、ある程度の変更はもう仕方がない事なのですが、問題は変更の時期とその内容で、それによっては工事金額が増になったり減になったり、施工の工程に大きな影響が出たりします。 そうしたコストの増減を追いかけながら、それでも基本的には当初の竣工予定日を遵守して施工を進め […]

続きを読む

設計者のテクニック

設計図が全てという訳ではない

設計図というのは建物が最終的にどのようなものになるのかを示した基本方針ですから、その設計図をベースにして施工者は工事を進めていくことになります。 ただし、どのような手順で建物を建てていけば良いのか、というあたりの具体的な内容までは設計図に記載されていません。 なので、施工を進めるにあたっては、出来るだけ無駄な事をしないように進めていくことが施工者には求められます。 施工者は建物の完成度の他に、その […]

続きを読む

デザイン

施工者が目指すもの

設計図をベースにして施工の計画を立てていくのが施工者の役割であり、その計画によってそのプロジェクトが成功と言えるかどうかが決まってくる。 というような話を前回は取り上げました。 このあたりは施工者側の感覚で、設計者側の感覚では少し違っていて… 「そのプロジェクトが成功したかどうか」ということについて考えてみると、設計者がそうと感じるのは、恐らく完成した建物の見た目がイメージした通りに出来た時でしょ […]

続きを読む

設計と施工

施工者の基本方針

前回はゼネコンとサブコンの関係や、ゼネコンの協力業者として工事を発注される企業について少し考えてみました。 建築現場においては、ゼネコンを指して「元請け企業」と呼び、サブコンや協力業者を指して「下請け企業」と呼ぶ場合があります。 お金を支払う側と受け取る側という部分で考えたり、方針を検討して決める側とその指示を実行する側という部分で考えたりすると… 元請けと下請けとの関係は必ずしも対等ではないとい […]

続きを読む

下請けとリスク

二次下請けが存在する理由

前回はゼネコンとサブコンの関係や下請けなどの仕組みについて簡単に紹介しました。 そこからさらに工事を細分化して下請けに工事を発注するという、二次下請けというような状況もあるので、そのあたりについても少しだけ話が出が訳ですが… なぜ二次下請けというような組織が必要になるのか。 ちょっと「下請け」というとイメージが良くないと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、今回はそのあたりについて考えてみる事にし […]

続きを読む

組織図

下請けという工事のスタイル

建物を建てるプロジェクトの工事一式をゼネコンが請け負い、その中で工事をそれぞれの分野に分割して、それぞれの専門企業に発注していく。 そのように施工者が仕事を進めていく中で、電気・空調・衛生設備工事についてはサブコンと呼ばれる専門企業に工事が発注されることになります。 建築工事で考えると、例えば鉄骨工事や鉄筋工事やアルミ建具工事などに工事を分けていき、それぞれの工事を専門の協力業者に発注します。 そ […]

続きを読む

契約

ゼネコンとサブコンとの関係

ゼネコンという企業に対して「サブコン」と呼ばれる企業があって、サブコンが建物を造っていく施工段階でどのような役割を持っているのか。 というあたりの話を前回は考えてみました。 サブコンというのは専門的な工事を受注する企業の事を指していて、通常は設備関連の工事を受注する企業を指してサブコンと呼びます。 建築関連の工事についてはなぜかサブコンと呼ばない傾向にあるので、もし説明する為の時間が少し空いたらそ […]

続きを読む

工事発注

サブコンとは何か

前回までの説明では、施工一式を請け負うゼネコンがどのような業務を担当するのか、というあたりについて考えてみました。 様々な工事をそれぞれ分割して専門企業に発注していく役割を持っているゼネコンですが、そうした業務は必ずしも楽なものではない、という事です。 そもそもそんなに楽な仕事であれば、無駄を省いていく効率化作業を進める中で、必要のないポジションという事で仕事がなくなってしまうとは思いますが… 現 […]

続きを読む