• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

施工者の業務は色々

建物を造っていく上で施工者が検討していく項目について今まで色々書いてきましたが、そうした検討事項は本当に色々あってボリュームも多いです。
それだけに、上手く計画して段取りよく進めることが出来れば、請負金額の単位が大きい分だけ利益も上がってくるというものです。

ただ、施工者としてやるべき事が多すぎるため、その全てをこなそうとすると仕事が夜遅くにまでなってしまう傾向にあります。
そうなってしまうと、いくら仕事だとは言っても、ちょっと健全な生活とは言い難いような気がする場合もありますが…

それは建築業界以外の業界であっても、ある程度までは同じような話があるのではないかと勝手に想像しています。

残業

私は建築業界以外の仕事をよく知りませんから「どんな業界でも忙しさは一緒」とか断言することなんて出来ないのですが…
それでも、簡単で短時間に済ますことが出来て、なおかつ知識が必要なく誰でも出来るような仕事では面白みに欠けて退屈してしまう気がします。

少なくとも建築関連の仕事は、設計者であっても施工者であっても、全力でぶつかっていく価値のあるやりがいのある仕事だと思っています。
まあ「やりがい」というのが便利な言葉ですから、その曖昧な言葉だけでキャパシティを超えすぎた仕事量を任されるのは困りますが…

そういった困った状態にならない為に、ひとりではなく複数の人が同じプロジェクトで仕事をすることになって、チームを組んで建物の竣工に向けて頑張っていく訳です。
もちろんチームとは言っても人によって経験や知識やモチベーションなどが違っているので、人数が増えるだけでは済まない場合もありますが…

そうは言っても一人で全ての仕事をこなせる訳ではないので、チームを組んで仕事を進めていく事になるのは当然のことだと言えるでしょう。¥

チームを組んで建物の竣工を目指して一緒に仕事をしていくと、様々な個性を持った人がいて、その性格や能力も全然違っていることが分かるので面白いです。
皆が自分と同じモチベーションと能力を持っている訳ではない、という事を理解しないと時には空回りすることになったりして…

まるで自分の事を書いている気もしますが、チームを組んで仕事をしていくと、一人で進めた場合には出来ない色々な経験が出来るはずです。

さて…少し話がそれてしまいましたが、ここでは施工者が現場で作成する図面について簡単に取り上げてみることにしましょう。
施工者が建物の施工を効率良く進めていく為には、設計図をベースにしながら図面を作図していく必要があり、その種類は結構たくさんあります。

以前も書きましたが、設計図はあくまでも建物をどのような形で出来上がるのか、という完成形を示したもので、あまり具体的な内容を含んだ表現はされていません。
もちろん設計図の中にも色々な詳細図が入っているのですが、それが全て今のプロジェクトにマッチしている訳では残念ながらないので、それをベースにした検討が必要になるんです。

大抵の設計図では一般的な詳細図が並んでいて、良く言えば今までの経験が生かされた詳細図になっていて、悪く言えば今までの使い回しだったりします。
そうした詳細図では、それぞれがそのプロジェクトの特徴に合わせて連動していたりする訳でもないので、そのあたりの調整を施工者側で進めていくという感じです。

もちろん設計図がどの程度の図面になっているかは、設計者がどの程度設計図の作成に力と時間をかけたかによって変わってくるものです。
なので、場合によっては細かい部分まで検討が行き届いている場合もありますが、大抵の場合はそこまで検討が進んでいるのは少ないと思います。

関連記事

  1. コスト管理
  2. 検討
  3. デザイン
  4. 鉄骨工事
  5. 工場