• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

下請けという工事のスタイル

建物を建てるプロジェクトの工事一式をゼネコンが請け負い、その中で工事をそれぞれの分野に分割して、それぞれの専門企業に発注していく。
そのように施工者が仕事を進めていく中で、電気・空調・衛生設備工事についてはサブコンと呼ばれる専門企業に工事が発注されることになります。

建築工事で考えると、例えば鉄骨工事や鉄筋工事やアルミ建具工事などに工事を分けていき、それぞれの工事を専門の協力業者に発注します。
そうして細分化した工事を、工程や品質などを含めて全体として取り仕切っていく、というのがゼネコンの仕事ということになります。

それと同じような感じで、例えば電気設備工事の中には照明設備や放送設備が、空調設備の中には換気設備や排煙設備が、衛生工事には消火設備や給排水設備など様々な工事があります。
それぞれ細分化された工事をサブコンから協力業者に発注していく、というあたりの流れというのはゼネコンとよく似ています。

こうしてゼネコンからサブコンに発注された設備工事も、そこからさらに別の企業に工事が発注されていく、というようなややこしい状況が頻繁に発生します。
これは設備工事だけの話ではなくて、建築工事の中でも同じような話がたくさんあります。

例えば鉄筋工事を一式請け負った企業が、その工事をさらに別の複数の企業に発注するということも一般的な話で、一次下請け、二次下請けなどという表現もあったりします。
一次下請けの企業は、鉄筋工事の職人さんを10人抱えているような小さな企業をたくさん取引先として持っていて、それぞれの企業に工事を発注することになります。

組織図

このような契約の形態になると、それぞれ工事が別の企業に発注される度に、当然経費が必要になるので少しずつ支払える金額が少なくなるという問題点があります。
色々な企業を経由していく為に、最終的には実際に現場で施工をする職人さんの手には、あまり多くのお金が入らない可能性がある訳です。

こうした問題点を考えていくと、かなり表現は良くないですけど、色々な企業が間に入って利益をピンハネしているように見えなくもないですよね。
そうなるとあまり良い印象を受けない方も多いのではないかと思います。

ゼネコンは最近「下請け業者」という呼び方ではなく「協力業者」という呼び方をするようになってきている、という話もそうしたイメージを払拭したいが為なのかも知れません。
今までの経験から考えると、建築業界のイメージというのはそれほど良いものではない気がするので、そうしたイメージを少しでも変えたいのではないかな、と思う訳です。

ただ、こうした一次下請け二次下請けという契約形態が、ただ単に下請け業者を搾取するためのシステムという訳ではない、ということをここでは伝えておきたいと思います。
現状のシステムが良いか悪いかという結論をここで簡単に出すことは出来ませんが、少なくとも今までこの形態で仕事が出来ている訳ですから、全然ダメではないことは間違いありません。

一次下請け・二次下請けという契約の形態に良いところが全くないのであれば、今までその形態が存続しているはずがないですよね。
多少の問題はあるのかも知れませんが、世の中には完璧なシステムなんてないですから、少なくとも必要があってそのような形態になっている、ということは言えると思います。

このあたりの具体的な例を次回は紹介してみたいと思います。

関連記事

  1. 図面
  2. 残業
  3. 工事の仕分け
  4. 施工
  5. 施工