• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工者が目指すもの

設計図をベースにして施工の計画を立てていくのが施工者の役割であり、その計画によってそのプロジェクトが成功と言えるかどうかが決まってくる。
というような話を前回は取り上げました。

このあたりは施工者側の感覚で、設計者側の感覚では少し違っていて…
「そのプロジェクトが成功したかどうか」ということについて考えてみると、設計者がそうと感じるのは、恐らく完成した建物の見た目がイメージした通りに出来た時でしょう。

建物の使い勝手が良いとか悪いとか、意匠を優先しすぎて性能が少々犠牲になっているなどの問題があるかも知れませんが…
それは建物を運用してみないと分からない部分でもあるので、まずは見た目がイメージ通りになっているかが重要になってきます。

建物の見た目だけを優先させすぎてしまうと、建物の性能を確保しようとした場合に必要になってくる寸法が取れなくなってしまいがちです。
そうなると建物を運用していく中で少しずつ不具合が出てしまうような状況になるのですが、それは建物が竣工してすぐには分からないものなんです。

そうした事情もあり、設計者はどうしても完成時の見た目を優先していく傾向にあります。

デザイン

設計者が見た目を優先させていくことについては、建物全体をデザインしているという役割がある中では、ある程度仕方がないことではないかと思います。
設計者がイメージした通りの建物が完成したのであれば、それは建物のデザインが優れているということで、設計者としては上手くいったと考えるのが当然です。

ただ、設計者の満足がそのまま施工者の満足につながる訳ではありません。
設計者が満足するようなデザインの優れた建物が出来上がったとしても、施工者はそれだけで成功したと感じることは出来ないんです。

では、施工者にとってプロジェクトが成功したと感じる要素は何なのか?
これは企業によって多少の違いがあるとは思いますが、基本的なところを考えてみると以下のようなものになってきます。

・決められた工期内に工事が完了する

・施主が喜ぶような高い品質の建物が出来た

・工事によって目標としていた利益率を確保出来た

設計者のイメージしている建物が出来たかどうか、デザイン的に優れた建物かどうか、という部分を施工者として重要視しない訳ではないのですが…
そうは言ってもやはり仕事ですから、出来上がった建物を見るだけで喜ぶ訳にはいかず、プロとして目に見える形で成果を出す必要があるんです。

分かりやすく目に見える形で出る成果というのは、簡単に言ってしまえお金、企業としての利益ということになります。
工期内にお客さんが喜ぶ建物を完成させる、というのは施工者として最低守らなければならない項目であり、その前提を満たした上で企業としては利益を出すことが求められます。

急にお金の話になってしまいましたが、建物を建てるというプロジェクトが趣味ではなく事業である以上、金銭的なことを抜きに考えることは出来ません。
施工者と施主が契約する際には請負金額というものがあり、その金額であれば工事が出来ますということで、最初から決められた予算がある訳です。

通常であればまずは商品をつくってそれに利益を載せて販売するという形をとりますが、建物の場合は商品をつくる前に販売金額を決めて契約することになります。
商品を作ったけれど売れない…という状況は避けることが出来ますが、最初に決めた予算では利益が出なかった…という状況は充分ありえるので、商品価格が大きい分だけリスクも大きいです。

検討が足りなかったり計画が悪かったりすると、施工のやり直しがたくさん発生することになって、少しずつ工事費が嵩んでくることになります。
しかしそうした経緯でかかったお金を施主に請求出来る訳ではなく、あらかじめ設計図を元に提出した見積もりの金額、要するに請負金額分しか予算はないんです。

その予算の中で設計図に記載されている内容の建物を完成させることが、施工者としてはまず第一の目標ということになるかと思います。
こうしたコストに関連する話は後ほどじっくりとしようと思っていますが、施工者はとにかくコストを意識した仕事の進め方をしていくことになります。

関連記事

  1. 工程
  2. 鉄骨工事
  3. 大プロジェクト
  4. 設計者のテクニック
  5. 図面
  6. 仕事が山積み