• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

施工者側から設計者に提案も

先ほども書きましたが、施工段階でも施主との調整は進めていく事になりますから、設計変更が出るのはある程度当然の事だと考えるしかありません。
ただ、ある程度の変更はもう仕方がない事なのですが、問題は変更の時期とその内容で、それによっては工事金額が増になったり減になったり、施工の工程に大きな影響が出たりします。

そうしたコストの増減を追いかけながら、それでも基本的には当初の竣工予定日を遵守して施工を進めていく事が施工者の重要な仕事になる訳です。
人件費や契約などを考えると、最初に契約した竣工日を遵守する事は結局コストを守ることにつながり、結局施工者は最後までコストをにらみながら仕事をしていくことになります。

設計変更の内容や時期によっては、「それは追加見積もりをして金額が増になります」とか「その変更をかけるなら竣工日を変更したい」と言うしかない場合も。
もしくは「この変更をかける場合は増額になりますから、別の場所で減額を提案させてください」という場合もあったりします

このようなコストの考え方と工期のコントロールという部分を、施工者として常に把握しながら施工を進めていく必要があります。

コスト管理

施工段階で設計者が変更をかける場合、意匠的な部分での変更というのは大抵の場合、金額としては増額になることが多いです。
もちろん全てがそうだとは言えませんが…なかなかコストを減らしていくような変更というのは少ないものです。

とは言ってもその増額をそのまま全て施主に請求出来る訳ではなく、正当な理由があるものしか増額は認められないことが多く、施工者としても変更をただ受け入れるだけという訳にはいきません。

増額になる方向での変更があるのであれば、減額となるような変更も検討していかないと、最終的なコストは増えるばかりになってしまいます。
その増額を被ることになるのは施工者ですから、施工者としては設計図に書かれている最終形の通りにただ施工をすれば良いという考えを捨てる必要があるんです。

設計図に書かれている内容で施工を進めない、というのは少々乱暴な表現ですが、設計図とは正反対の内容で施工を進める訳ではありません。
あくまでも設計図を基本方針としつつも、全体を見ながらオーバースペックと思われる部分を適切な状態に変えていく、という感じです。

ちょっと極端な例になってしまいますが…

例えば設計図で、スタッフが利用する休憩室の床仕上がタイル貼になっていたとしたら、「スタッフが利用する部屋であれば塩ビ系の床仕上材で良いのではないですか?」と提案するとか。
まあそんな極端な話はそうそうありませんが、そうした適切な提案を施工者から設計者にしていくことも、施工者の非常に重要な仕事だと言えるでしょう。

逆に金額的には増額になってしまいそうな事であっても、後々で問題になりそうな部分はあらかじめ提案していくことも、施工者の大事な仕事です。
例えばお客さんが利用する範囲の一部で、あまりグレードが高くない仕上材が記載されていたとしたら、「この仕上材で問題ないでしょうか」と確認するとかですね。

そうした提案をしていく為には、設計図がベースになるという前提条件を受け入れつつ、それを少しでも施工者側に有利な条件に変えていく、というスタンスが必要です。
それには「設計図はあくまでも当初の基本方針であり、施工中に色々変えていくことが出来る」という認識をもっておくことが必要です。

そうした認識がないと、設計図に対して何も提案などは出来ませんよね。
それでは施工者としては困るので、あくまでも設計図の内容を尊重しながらも、施工者としての知識で色々提案をしていく、という意識を持っておく事が重要になってきます。

関連記事

  1. 図面検討
  2. 工事発注
  3. バランス
  4. 契約
  5. デザイン
  6. 施工