• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

S造の記事一覧

ガセットPLと主筋の関係

小梁は鉄骨造の場合もある

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の検討をするには、様々な要素をあわせた検討が必要です、というような話を前回は取り上げました。 鉄骨柱や鉄骨梁を製作する前には、型枠を固定する為に必要なセパレータを通す為の孔をあける必要があって、結局は最終的な見え方が決まらないと鉄骨も決まらないことになりがち。 そうしたSRC造の難しさを前回は取り上げましたが、今回はSRC造の中で、特に小梁について色々と考えてみる […]

続きを読む

鉄筋の納まり

二つの構造を組み合わせる難しさ

このカテゴリで取り上げる構造は鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)で、鉄骨と鉄筋コンクリートという二種類の構造を組み合わせたものになります。 納まりとしてはそれぞれの構造を単独で扱うよりも難しくなってきますよ、というような話で前回の説明は終わってしまいました。 「これは難しいですよ」と言われて勉強を開始するのと、「これは簡単なので誰でも覚えられます」と言われて勉強を開始するのと、どちらがスムーズに覚 […]

続きを読む

溶融亜鉛メッキ

鉄骨造(S造)のデメリット-3

今回も引き続き鉄骨造のデメリットについて考えていく事にします。 ○鉄骨は熱に弱いのでその対応が必要 鉄というのは、非常にざっくりと書いてしまうと、鉄鉱石とコークスを熱で溶かしたものをローラーで平らに(圧延)して造っていくものです。 そうした材料としての特徴があるものですから、鉄は熱にあまり強くないという、構造体としてはあまり好ましくない特徴を持っています。 構造体である鉄骨が熱に強くない状態だと、 […]

続きを読む

退屈な仕事?

鉄骨造(S造)のデメリット-2

鉄骨造は非常に優れた工法ではありますが、現実の業務を考えた時には、それなりにデメリットと言えそうな部分もあります。 前回はそのような内容の話をしましたので、今回からはもう少し具体的な内容を交えて説明をしていこうと考えています。 ・工場で製作をする為の事前準備が大変 ・鉄骨は熱に弱いのでその対応が必要 ・錆びる危険性があるため外部での使用には気を遣う 前回挙げた項目は上記ですが、今回はその最上部にあ […]

続きを読む

鉄骨造(S造)のデメリット-1

前回は鉄骨造(S造)を選定した場合のメリットにはどのようなものがあるのか、という点について色々と考えてみました。 鉄筋コンクリート造(RC造)と比較して鉄骨造(S造)はどうなのか、という話がほとんどという気もしますけど… 建物の構造体として用いられるのは、大きく分けて鉄骨か鉄筋コンクリートのいずれかになるので、比較してしまうのは自然なことだと思います。 建物の構造体を鉄骨造とした場合のメリットは、 […]

続きを読む

鉄骨まわりの作業

鉄骨造(S造)のメリット-2

今回は引き続き鉄骨造のメリットについて色々と考えていきます。 ○現場での作業を減らすことが出来る 現場とは離れた場所にある工場で鉄骨を製作すると言うことは、つまり建物を色々な場所で造っていくことが出来るという事を意味しています。 建物を工事していく建設現場のスペースには限りがありますから、現場で必ずしもやる必要がない作業については、別の場所でやった方が有利であることは間違いありません。 現場でやる […]

続きを読む

機械で作るメリット

鉄骨造(S造)のメリット-1

今まで色々と鉄骨造(S造)の納まり関連の話を取り上げてきましたが、基本的な話としては大体取り上げたのではないかと思います。 もちろん取り上げたのは基本的な部分だけですから、まだまだ鉄骨関連で覚えておいた方が良いことは色々あるのは間違いありません。 ただ、覚えておいた方が良い事が色々あったとしても、知識はまず基本的な部分を広く覚えていった方が効率が良いので、そこから深く進むよりも次に進んだ方が良いと […]

続きを読む

溶接作業

鉄骨に取り付けるピースの考え方

鉄骨造の建物では、構造体である鉄骨に色々なピースを取り付けておく必要があり、それを鉄骨の製作が完了するまでに決めておかないといけません。 こうした検討を怠ると、後から鉄骨に対して何らかの固定をしたいと思った際に、なかなか思い通りに出来なくなってしまう、という話になります。 後から現場で鉄骨に対して溶接で何かを固定する為には、やはり事前に何らかのピースを取り付けておく事が重要になってくるんです。 鉄 […]

続きを読む

天井と鉄骨梁との関係

鉄骨の耐火処理納まり

鉄骨造(S造)の建物では、鉄が熱に弱いという特徴を持っているため、鉄骨の構造体に何らかの耐火処理が必要になってくる、という話を前回は取り上げました。 これは万が一建物に火災が発生した際に、建物利用者が建物の外に安全に避難できるかどうか、という人命に関わるものですから、非常に重要な項目だと言えます。 そうした重要な要素ですから当然、建築基準法で厳密に定められているもので、設計者も施工者もしっかりと意 […]

続きを読む

耐火塗装の例

耐火被覆の納まり

鉄骨造の建物では、鉄骨が構造体になっている訳ですが、その鉄は火災時の熱に弱いという欠点を持っています。 そうした性質を鉄が持っている、という事が分かっていれば、それに対してあらかじめ対策を練っておくことが出来る訳です。 いや、かなり表現の順番が違ってしまいましたが、こうした性質を持っている構造体だからこそ、かならず対策をとっておかなければならない、という話です。 それが鉄骨の周囲を覆う「耐火被覆」 […]

続きを読む