• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨に取り付けるピースの考え方

鉄骨造の建物では、構造体である鉄骨に色々なピースを取り付けておく必要があり、それを鉄骨の製作が完了するまでに決めておかないといけません。
こうした検討を怠ると、後から鉄骨に対して何らかの固定をしたいと思った際に、なかなか思い通りに出来なくなってしまう、という話になります。

後から現場で鉄骨に対して溶接で何かを固定する為には、やはり事前に何らかのピースを取り付けておく事が重要になってくるんです。
鉄骨を工場で製作する際には、こうした溶接の性能などを考慮して、事前に色々な部材を取り付けておくことが重要になってくる、という事です。

これは実際には結構大変な業務です。
鉄骨だけに限った話ではなく、様々な納まりを検討していく中で共通して言えることですが、下地をどうするかを検討するのが最も地味だけど重要なポイントなんです。

最終的には隠れてしまう下地部分について色々と頭を悩ませる、というのは正直な事を言ってしまうとちょっと面白くない検討ではあります。
しかし実際にはこうして地味な検討を進めていき、下地をきちんと決めておく事が非常に重要で、それが出来ていれば仕上は特に難しいことなどありません。

こうした話は鉄骨に限った話ではなくて、結局は仕上のことまで考えて下地を組んでいくことになるので、下地の検討というのが一番大変なんです。
それがきちんと検討されていない状態で仕上の検討をする、というのもなかなか大変な業務になってしまいますが、そうならない為にも下地が重要という話でした。

そうした検討は今後各所で出てくることになりますが、まずは鉄骨に取り付ける下地についてここでは考えてみたいと考えています。
今回はそうした考え方で取り付けられるピースの具体的な納まりと、耐火被覆との関係について紹介してみたいと思います。

鉄骨造(S造)の建物にとって、鉄骨は建物を構成する為の大切な構造体ですから、構造体を痛める可能性がある現場での母材への溶接は基本的に禁止されています。
そうした制限があるため、現場で溶接が出来るようにという目的で、鉄骨には様々な部材が工場で取り付けられる事になる、という話を前回は取り上げました。

溶接作業

こうした「構造体を痛めない」という考え方は、鉄筋コンクリート造(RC造)で柱や梁の構造体を欠き込むのは構造的にNGですよ、という話とよく似ています。
基本的にRC造であってもS造であっても、建物の骨組みを構成するものは、構造計算をした際の部材サイズよりも小さくしたり、部分的に切り欠いたりすることが出来ないんです。

まずは構造体として最低限のサイズが構造図に記載されていて、そこに記載されている構造体の大きさをきちんと確保することが必要になってくる訳です。
鉄骨造の場合で考えると、構造体を不完全な溶接によって痛めることがないように、という主旨があるからこそ、現場で母材への溶接作業が禁じられています。

ただし…

現実問題として、現場で鉄骨に溶接で何かを取り付けたいという状況は多いため、鉄骨に何も現場で溶接しないというのは非常に難しいものがあります。
というか、そのような制限があったら現場では鉄骨に何も取り付けられない状態になることが目に見えているので、全然現実的ではないので話になりません。

そう言った事情があるため、あらかじめ工場で鉄骨の母材(構造体)にピースを取り付けておき、そのピースに対して現場で溶接をしていく、という施工の流れになります。

現場で溶接をする際には構造体に対して溶接にならない。
これが構造体を守る為には必要なことになりますから、あらかじめ工場でピースをきちんとした仕様で溶接して取り付けておく、という考え方をする訳です。

関連記事

  1. 納まり検討の上で判断
  2. エレクションピース
  3. 頭付スタッドボルト
  4. con止めプレートの納まり
  5. 鉄骨まわりの作業
  6. 鉄骨梁ジョイント