• 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む

二つの構造を組み合わせる難しさ

このカテゴリで取り上げる構造は鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)で、鉄骨と鉄筋コンクリートという二種類の構造を組み合わせたものになります。
納まりとしてはそれぞれの構造を単独で扱うよりも難しくなってきますよ、というような話で前回の説明は終わってしまいました。

「これは難しいですよ」と言われて勉強を開始するのと、「これは簡単なので誰でも覚えられます」と言われて勉強を開始するのと、どちらがスムーズに覚えられるのか。
あまりにも身構えても知識が入ってこない気がしますし、油断しすぎて実際難しいと勉強自体を辞めてしまいそうな気がしますし…

と、あまりこうした事を考えても仕方がないのですが、当サイトでは最初から「難しいです」というアナウンスをしてから説明をする事にしました。
もちろん難しいから説明が分かりにくいです、という事にならないように、出来るだけ分かりやすい説明をしていくつもりでいます。

そうなると解説をする際の図解が大変そうな気がしていますが、図がないとおそらく私の文章では説明しきれないと思うので、出来るだけアイソメなどを利用して進めていこうと思っています。
図面だけでそうした表現をするのはかなり難しいのですが…

施工をする段階で「図面では表現しにくい部分」がたくさん出てくる、というあたりにSRC造の難しさがある訳です。
実際に施工を始めてみたら色々な問題点があって思ったように進まない、という状況にならないようにする、という目的を持って図面の中で納まりの検討をする。

そうした目的が図面にはありますから、ちょっと複雑で難しい部分が面倒であっても、頭の中でイメージをしたものを図面に表現していくする必要があります。
そんなの大変だからやりたくない、と思うか、だからこそ自分の出番だと思うかは人によりますが、どうせやるなら後者のような考えで取り組みたいところです。

こうした細かくて複雑な検討を進めていくのは設計者ではなく施工者側の仕事ですから、設計者としてはそこまで深く突っ込んで検討をする必要はありません。
とは言っても、自分が設計する建物がどのような検討によって進んでいくのか、という事をを知っておくのは決して無駄なことではないと思います。

鉄筋の納まり

鉄筋コンクリート造の時にも説明をしましたが、鉄筋コンクリート造の解説で取り上げる「鉄筋」についての知識は、間違いなく今回も役に立ちます。
基本的な納まりを知っておくと色々な部分で応用が出来るものですが、鉄筋についての基本知識は非常に役に立つのでぜひ覚えておくことをお勧めします。

ただ、同じ説明をすると先に進みにくくなるので、このカテゴリでは鉄筋についての細かい説明をしないで進めようと考えています。
これは鉄骨に関する納まりについても同様ですから、鉄骨鉄筋コンクリート造の項目を読む前に、鉄筋コンクリート造と鉄骨造の項目に目を通した方が良いかも知れません。

このカテゴリでは、鉄筋コンクリート造と鉄骨造についての説明を読んで頂いた前提で説明をする場合がありますのでご了承ください。
まだ読んでいない場合は、先に以下のリンクから鉄筋関連の解説を読んでから進んだ方がスムーズではないかと思います。

鉄筋の納まり関連

もちろん出来るだけ 「?」 にならないような解説をするよう心がけますし、これは別に説明をしていますから省略します、というような補足も入れるつもりです。
そうしないと、他のカテゴリで説明した内容を繰り返すことになって、おそらく通して読んで頂いている方にとっては非常に読みづらくなってしまうので、そうしたスタイルで進めていこうと考えています。

鉄筋コンクリート造(RC造)も鉄骨造(S造)も非常に話が長くなってしまいましたが、恐らく鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の話も長くなってしまいます。
長い説明になってしまうとは思いますが、出来れば最初から通しで読んで頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 梁ハンチで鉄筋を納めた例
  2. 鉄骨梁レベルが異なる場合
  3. SRC柱の足元納まり
  4. SRC柱の型枠
  5. 鉄筋の曲げ
  6. SRC梁の一例