• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨造(S造)のメリット-2

今回は引き続き鉄骨造のメリットについて色々と考えていきます。

○現場での作業を減らすことが出来る

現場とは離れた場所にある工場で鉄骨を製作すると言うことは、つまり建物を色々な場所で造っていくことが出来るという事を意味しています。
建物を工事していく建設現場のスペースには限りがありますから、現場で必ずしもやる必要がない作業については、別の場所でやった方が有利であることは間違いありません。

現場でやる必要がない作業を工場でおこなう

 ↓

現場での作業が軽減される

 ↓

色々な工場で同時進行的に作業が可能

という感じで、かなり大雑把な表現にはなっていますが、工場で製品を製作する場合の基本的な考え方はこのようなものになります。
工場で製作してきた製品を取り付けるタイミングを整理するのは大変ではありますが、全ての作業を現場でやることを考えれば、作業手順の調整くらい何でもないはずです。

鉄骨まわりの作業

○現場での作業を減らすことにより施工が早くなる

これは先ほどの項目と少しだけかぶってくる内容ではありますが…
工場で製品を製作することによって現場での作業を減らす事が出来て、その結果として施工のスピードが早くなる方向に進む、というメリットが工場製作にはあります。

建物を建てようとしている敷地には限りがありますから、そのスペースを有効に使って施工を進めていく計画を立てていくことになり、それは施工者の役割になります。
そうした計画を検討していく中で、様々な作業を同時進行的に進める計画を立てても、場所が狭くて無理とか安全面がどうなのかなどの問題が発生することに。

そのあたりを考えていくと、やはり工場で製作出来るものは工場で製作していく、という考え方で計画をすすめた方が有利な場合も多い、という事が分かります。
現場で別の作業をしている間でも、工場では現場で取り付けることが出来るように、製品をきちんと作り込んでいる。

これはやはり大きな違いになってきます。
工事の効率を追求していった時には、こうして別の場所でも作業が進んでいる事のメリットがどれだけ大きなものなのかを感じることになると思います。

この施工のスピードこそが、鉄骨造(S造)を選定した際の大きなメリットのひとつであり、それが鉄骨造の大変さにもつながっていく訳ですが…
少なくとも鉄骨造のメリットを考えた際には、この施工スピードを挙げない訳にはいきません。

○構造体のサイズをRCに較べて小さく出来る

鉄骨造(S造)の建物では、構造体である鉄骨の剛性が高い為、鉄筋コンクリート造(RC造)に比べると、柱や梁のサイズを小さくすることが出来ます。
これは建物のプランや天井裏スペースの検討をしていく際に、非常に有利になる方向の要素ですから、メリットとしては大きなポイントだと言えます。

柱を小さくすることが出来れば、当たり前の話ではありますが、室内のプランを計画する際の制限が少なくなります。
梁のサイズが鉄筋コンクリート造の梁よりも小さくすることが出来るのであれば、天井裏のスペースを広くすることが出来ます。

ただ、今まで何度か書いてきましたが、天井裏のスペースを広くすることでメリットがあるのは設備関連だけなので、これ自体はそれ程嬉しいことではありません。
天井裏スペースを広く取ることよりも、出来るだけ階高を低くするという方向での検討が出来るようになる、という部分の方がメリットとしては大きいかも知れません。

トータルで考えてどうするかは設計者の判断にはなりますが、いずれにしても構造体を比較的小さくすることが出来るという事は大きなメリットだと言えます。

…という事で、鉄骨造(S造)のメリットについてはこんな感じです。

やはり工場で製品を製作するという点が鉄筋コンクリート造と大きく違う点で、それによって様々なメリットが出てくるということになります。
ただ、こうしたメリットがある反面デメリットも多少はあるので、次回はそのあたりのポイントについてまとめてみたいと思います。

関連記事

  1. 鉄骨柱の運搬
  2. ダイアフラム納まり詳細図
  3. 鉄骨梁の溶接ジョイント
  4. デッキの基本パターン
  5. 鉄骨
  6. 溶接