• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

役割の記事一覧

巾木は清掃時に壁を守る役割を持つ

巾木の役割はどこにあるか

前回は床と壁の取合い納まりとは関係のない、施工者側に組織としての問題点みたいな変な話になってしまいました。 納まりを検討していく中で上手くいかない場合があって、その原因がどのような部分にあるのか、という話だったはずなのですが… 私はプロとして実務をする側に立っていて、建築の評論家ではありませんし、評論家的な立場で仕事をしたいとも思っていません。 なので、前回のように組織についての問題点を評論家のよ […]

続きを読む

大量の図面

製作図の役割について考える

製作図という図面は、製品を工場で製作するために作図される図面であり、その性質上非常に細かい部分まで表現することが出来る図面になっています。 工場で製作する製品がきちんと納まるように検討するということはつまり、その周囲の納まりや見せ方などの方針を決めるのと同じ意味がある。 …というあたりの話を前回までの説明で取り上げてきました。 建物というのはまず大きな方針がとても重要になってくるのですが、細かい部 […]

続きを読む

道路

外構図の役割

外構図というのは建物の外壁から敷地境界線までの、いわゆる「庭」をどのように仕上げていくかを表現した検討した施工図です。 設計図にも外構図という種類の図面があって、意匠図の中に含まれる図面になったりしますが、その設計図に対応する施工図として外構図があります。 呼び方が同じなので少し混乱しますが… 建物周囲の情報を記載していく図面という内容は設計図でも施工図でも違いはありません。 建物の見た目を表現し […]

続きを読む

平面図

仕上図が持っている役割

前回は仕上図と呼ばれる施工図にはどのような種類が存在するのか、というあたりについて考えてみました。 どの位置で建物を切断してどの面を見ている図面なのか、という方向によって図面の種類が分類されている感じで、色々な図面の種類があったと思います。 仕上図には様々な種類と役割が存在していて、どのような方向の情報でも表現することが出来るようになっている訳です。 とは言っても、もちろん最も基本となる図面はあく […]

続きを読む

タイルカーペットのグレードB

特記仕様書の役割

前回は意匠図を構成する図面の基本パターンを紹介しましたが、今回からはそれらの図面についてもう少し詳しく説明していこうと思います。 具体的な作図方法について触れるのはなかなか難しいものがあるので、ここではそれらの図面がどのような役割を果たしていくのかを紹介していきます。 まずは意匠図の冒頭に入ることになる特記仕様書から。 ○特記仕様書 特記仕様書というのは線や図形で構成される設計図の中で少し変わった […]

続きを読む

図面

実際に造る前に図面上で…

建物を造っていく段階では、図面というツールはなくてはならない存在である、というような話を前回は取り上げてみました。 実際に建物を造ってしまう前の段階で、紙あるいはデータ上で試しに建物を造ってみる、という目的で図面は活用されます。 図面という仮想空間上で造られる現物が現実と全く同じになるかというと、なかなか完全に同じとはいかないものではありますが… それでも現実にかなり近いレベルには到達するので、実 […]

続きを読む

土地

図面が持っている役割と種類

建築というのは、まず何もない更地があって、そこに何か目的を持った建物を計画して、それを実際に建てていく事を意味しています。 建物を造っていく際に、具体的にはどのような建物を造っていくかを計画するのが設計者、その計画を実行に移すのが施工者という事になります。 設計者と施工者の役割などについては以前のカテゴリで色々と説明をしてきました。 今回は設計者が建物の基本方針として作成する設計図、施工者が実際の […]

続きを読む

型枠と鉄筋

ゼネコンが必要な理由

前回は建物の施工一式をゼネコンが請け負って、その後工事を分割していきそれぞれの工事を専門とする企業に工事を発注する場合が多い、というような話を取り上げました。 発注としては二段階になってしまうので、コストとしてはあまり有利にならないのではないか、と考える方もいるかも知れません。 確かに全ての専門的な工事を施主から直接発注する事が出来れば、間にゼネコンを入れない分だけコスト的には有利になるような気も […]

続きを読む

施工

施工者の役割

前回のカテゴリでは設計者の役割や具体的な業務の分担などについて説明してきました。 建物を建てていく大きな流れとしては、まずは設計者が建物の基本方針を決定して、その方針を元にして施工者が実際に建物を造っていくという流れになります。 という事で… 設計者によって様々な方向から検討された建物の計画に沿って、実際に施工を進めていく事で建物を完成させていくプロセスを担う、施工者の役割。 このカテゴリではこの […]

続きを読む

竣工図

竣工図の修正と役割

建物が竣工して施主に引き渡しされる前後では、その状況を図面に記録した「竣工図」と呼ばれる図面が必要になってきます。 その竣工図はどのような図面になるのか、というあたりの話を今回は考えてみたいと思います。 まず結論から書いてしまうと、竣工図というのは設計図を建物の最終形にあわせて修正した図面の事を指します。 建物の方針を示す為に作図された設計図ではありますが、施工段階で施主の要望にそって変更をしたり […]

続きを読む