• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

製作図の役割について考える

製作図という図面は、製品を工場で製作するために作図される図面であり、その性質上非常に細かい部分まで表現することが出来る図面になっています。
工場で製作する製品がきちんと納まるように検討するということはつまり、その周囲の納まりや見せ方などの方針を決めるのと同じ意味がある。

…というあたりの話を前回までの説明で取り上げてきました。
建物というのはまず大きな方針がとても重要になってくるのですが、細かい部分まで突き詰めて検討をしていく事も同じくらい重要なんです。

製作図を確認していく事によってはじめて分かってく事も結構あるもので、そうした細かい部分を詰めていくには製作図が非常に有効になってきます。
こうした現実は、製作図に関わっている方であれば実感しているのではないでしょうか。

細かい部分にこだわりすぎると建物全体を見ることが難しくなってしまいますが、細かい部分が分からないままではやはり建物の設計は難しいもの。
どちらかと言うと製作図は施工者側の図面ではありますが、設計を業務とする方にも当然無関係な図面という訳ではありません。

なので、出来るだけ積極的に製作図に触れておくことを当サイトではお勧めします。
とは言っても、そんな事を書かなくても自動的に製作図に触れることになるので、特に製作図に触れるよう意識しなくても大丈夫ですが…

施工者は製品を工場で勝手に製作する訳ではなく、設計者に承認を得てから製作をかけるという流れになっている、というのがその大きな理由です。
製作をかける前に設計者の承認が必要になるという事はつまり、大量の製作図が設計者に提出されるという事を意味しています。

大量の図面

そうした膨大な物量の製作図を確認していく業務があるので、設計者であっても製作図と無関係でいることは難しいものなんです。
もちろんチェックしないで返却することも可能ですが、細かい部分にこだわって建物を見せたいと考えるのであれば、チェックしないという選択肢は選べません。

寸法の間違えなどをチェックするのは施工者の役割なので、万が一製品の寸法を間違えたとしても、それは設計者の責任になることはありません。
しかし意匠的な考え方を設計者の要望にあわせて製作図をまとめていくのは、施工者の努力だけでは難しいものがあるのが現実です。

「ここはこう見せたい」などの要望を設計者がしていき、製品としてそれが実現できるかどうかなどの調整をかけていく事で、建物はより明確になっていきます。
その業務を設計者として確認しないというのは難しいので、結局は設計者もかなり細かく製作図を確認していくことになるはず。

という事で、設計者の立場であっても施工者の立場であっても、製作図で細かい検討を進める業務には何らかの形で関わる可能性が高いという話でした。

このように、建物にとって非常に重要な役割を果たすことになる製作図ですが、製作図がどのような目的で作図されるのかという話は以前取り上げた通りです。
つまり建物の細かい部分を検証しつつ、工場で製作する製品の納まりと大きさを決めていく為の図面という事になる訳です。

製作図が間違えているということはつまり、工場で製作してきた製品がそのまま取り付け出来ないという事を意味しています。
それをもう少し突き詰めていくと、製作した製品が取り付けられないので改めて製作する必要がある場合もある、という事に。

思った状態ではないけれどなんとか製品を取り付けた場合でも、思惑と違った納まりになっている事になるので、建物としてあまり良い事ではありません。
製作をやり直すと思惑通りにはなりますが、余計なコストと時間がかかってしまい、製作をやりなおさないと意匠的になにかを諦める必要がある。

そうした残念な状況にならない為にも、製作図で納まりを確認する際には、細心の注意を払っていく事が求められます。
物量が多い状況だと、細心の注意を払っていく事が難しくなっていくのですが…

現実はともかくとして、理想としては全ての製作図にきちんと目を通して、建物をどのように納めるのかを確認するのが理想という事になります。

関連記事

  1. アルミ建具
  2. 建具表
  3. 梁配筋を記入した状態
  4. 土地
  5. 柱状図
  6. 平面図との比較