• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

実際に造る前に図面上で…

建物を造っていく段階では、図面というツールはなくてはならない存在である、というような話を前回は取り上げてみました。
実際に建物を造ってしまう前の段階で、紙あるいはデータ上で試しに建物を造ってみる、という目的で図面は活用されます。

図面という仮想空間上で造られる現物が現実と全く同じになるかというと、なかなか完全に同じとはいかないものではありますが…
それでも現実にかなり近いレベルには到達するので、実際にどうなるかをシミュレーションする為に色々な図面を作図していきます。

人の手で施工されるのが現実としてある訳ですから、実際の建物が図面の通りにはなかなかいかない部分もあります。
とは言っても、図面上できちんと納まっていなかったり、致命的な問題点があったりした場合には、間違いなく実際の建物も上手くいきません。

なので、まずは図面の中できちんと納まっていることを確認して、それが実際の施工でも問題ないかという検証をしていくことになります。
そうしたシミュレーションという役割の他に、そもそもの役割として、建物の最終形をどのような形にするのかを伝達する道具としても使われます。

図面

と、かなり簡単な説明ではありましたが、建物を建てていく為の道具として図面がどれくらい重要なものなのか、何となく伝わったでしょうか。

建物が建てられていく段階では様々な種類の図面が作成されることになりますが、こうして作成される図面は非常に多種多様で目的も様々です。
このカテゴリではそうした図面にフォーカスして、具体的な図面の種類とか作成する目的などについて説明をしていきたいと考えています。

「図面」について説明していく為には、まず図面の種類について知っておく必要があるので、最初に図面にはどんな種類があるのかを考えてみる事にします。
建物を建てる為に必要となってくる図面は何か? という事を考えてみると、すぐに思い浮かべるのは設計者が作成する「設計図」かも知れませんね。

前のカテゴリでも色々と書きましたが、設計図は建物の計画をする上で最も重要な役割を持っている図面ですから、建物の図面=設計図という関係も何となく納得という感じです。
ただ、確かに設計図が建物を建てていく上で基本になってく図面だということは間違いありませんが、設計図だけで建物が出来上がる訳ではありません。

…というのは今までの説明でも書いてきた通りです。

実際には設計図以外にもたくさんの図面が存在しています。
建築関連の納まりについて細かく書いていくことをポリシーにしている当サイトとしては、設計図以外にも色々な図面があります、ということを積極的に伝えていきたいと思います。
図面の世界は結構奥が深いものなんです。

色々な種類の図面と作成されるタイミングなどの話は、建物が完成するまでの手順とある程度リンクしてくることになります。
かなり漠然とした表現になってしまいますが…この工事を進める為にはこんな感じの図面が必要なので、その少し前のタイミングで図面が必要になってくる、というような感じです。

建築関連の仕事で、特に図面に関する仕事をしようと考えている方であれば、そのあたりの細かい話を知っていても損はないはず。
ということで、建築のプロジェクトがどのように進んでいくのか、という簡単な流れとあわせて覚えておくのが良いのではないかと思います。

それぞれの図面がどのような目的で作図されるのか。
そしてその図面が具体的にはどのような形で使用されるのか。
次回からは、各種図面の分担とか使用されるタイミングなどの話について、図面の種類毎に色々と書いていくことにします。

関連記事

  1. ステップアップ
  2. 土地
  3. 建物の倒壊
  4. 建具詳細図
  5. アルミ建具
  6. 時間