• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ゼネコンが必要な理由

前回は建物の施工一式をゼネコンが請け負って、その後工事を分割していきそれぞれの工事を専門とする企業に工事を発注する場合が多い、というような話を取り上げました。
発注としては二段階になってしまうので、コストとしてはあまり有利にならないのではないか、と考える方もいるかも知れません。

確かに全ての専門的な工事を施主から直接発注する事が出来れば、間にゼネコンを入れない分だけコスト的には有利になるような気もしますが…
そのような形態で建物を建てるプロジェクトが進んでいくというのは、少なくとも私はあまり聞いた事がありません。

・なぜゼネコンに一度施工一式を発注するのか

・なぜ施主がそれぞれの工事を分割して発注しないのか

こうした疑問が出てくる訳ですけど、今現在ゼネコンの施工一式を発注するやり方が主流になっている訳ですから、恐らく何らかの理由はあるはず。
という事で、今回はこのあたりの疑問について色々と考えてみる事にします。

上記の疑問点は結局ほぼ同じ内容になっていて、要するになぜ施工を一式請け負ったゼネコンが全ての施工を自社でやらないのか、という話がまずはあります。
これについては割とシンプルな回答があります。

建物を建てる工事は非常にたくさんの種類があって、それを全てを自社でやっていくのは経営的にあまり現実的ではないという理由が挙げられます。
全ての工事を自社でやるというような手広い営業をしていると、恐らくそれぞれの工事を専門としている企業に負けてしまうのだと思います。

仕事はひとつのことにフォーカスする方が有利ですから、それを分散してしまうような企業に高い競争力は望むべくもないという事です。
そうした理由により、建物を建てる工事全般を業務としてこなす企業は存在しないという現実がまずはある訳です。

だからこそ、まずは施工一式を請け負ってから、それぞれの工事に分割して発注していく役割をもつゼネコンという存在が必要になってくる、という事になります。
私の考えとか感想はともかくとして、今現在たくさんのゼネコンが存在して仕事を続けているという事実がその必要性を物語っているのではないかと思います。

また、もし建物の工事全般を業務としている企業が存在しないのであれば、施主がそれぞれの工事をおこなう企業と個別に契約する事も出来るかも…
これが現実的なのかを考えてみると、そうすることによってコスト的なメリットは確かにあるのですが、それぞれの工事の調整を誰がやるのか、という話になってしまいます。

例えば鉄筋コンクリートの壁を造りたい場合に、まずは型枠を片側だけ作ってから鉄筋を組み立てて、その後反対側の型枠を作るという工程になります。
しかし型枠を作る企業と鉄筋を組み立てる企業は別になる訳ですから、それぞれの会社がいつ頃現場に入って作業をするのかなどの調整がどうしても必要になるんです。

型枠と鉄筋

しかし型枠を加工する企業と施主が直接契約している、つまりゼネコンが入っていない契約であった場合には、型枠をいつ組み立てるのかを個別に指示する事が求められます。
1日で工事を終わらせたい場合には、型枠を組み立てると同時に鉄筋を組み立てる必要があるので、同じ日に作業する方を呼んでおく必要があって…

と言うことで、ちょっと回りくどい書き方をしていますが、要するにこうしたそれぞれの工事工程を調整していくのは結構大変だという事を書きたかった。
こうした業務を施主がやるのはなかなか難しいので、やはりゼネコンに施工一式を発注しておき、例に出したような調整も含めてやってもらった方が良いという事になるんです。

ゼネコンが自分の会社で実際の工事をしないにも関わらず、それでもゼネコンに施工一式が発注される訳が何となく掴めてきたでしょうか。
それぞれ関連する工事の調整や、納まりの検討などを施工段階では色々進めていく必要があって、その作業は建築のプロでなければこなすことが出来ないものなんです。

関連記事

  1. コスト管理
  2. バランス
  3. 大プロジェクト
  4. 工事の仕分け
  5. 図面検討
  6. 設計と施工