• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

それぞれの納まりの次の話

当サイトでは建築の納まりというテーマで色々な話をしていて、今まで書いてきた内容では床・壁・天井の基本的な納まりについて、ひとまずは説明を終えることが出来ました。
ちょっと説明としては長くなってしまったかも知れませんが、もしまだ読んでいない場合には、このカテゴリを読む前にそれぞれの項目について読んで頂けると嬉しいです。

・床

・壁

・天井

建物を構成する部材というのは本当に色々な種類があって、特に柱や梁など「構造体」と呼ばれるものは必要不可欠な存在ということになります。
しかしそうした重要な要素である構造体でも、実際に建物を利用する方にとってはあまりなじみ深いものではない、という事になっています。

なぜかというと、そうした構造体というのは確かに建物にとって必要不可欠なものではありますが、あまり見た目が良いものではないという話があります。
そうした事情があるので、構造体というのは最終的には仕上材によって隠されてしまう事が多く、その結果としてあまり建物利用者の目に触れない事になってしまいます。

建物を利用する方が実際に目にするものとしては、床と壁と天井、そしてドアや窓などの建具になってきて、それらの見た目で建物を評価する傾向にあります。
目に見えてこない部分について評価をするのは難しいですから、見える部分で評価をするのはもちろん間違った事ではありません。

そうした考え方があるため、建物の形状やプランなどを計画する役割を持っている設計者としても、出来るだけ見映えの良い建物を造ろうと考えます。
そして建物を施工する役割を持っている施工者としても、出来るだけ利用する方の為になるような建物を造っていこうと考えます。

見映えが良い建物を造る為には、床・壁・天井を構成する仕上材についての知識や、具体的な納まりを知っておく必要があるはず。
このような考え方から、今までの説明では割と時間をかけて床と壁、そして天井の仕上材や納まりについての話をしてきました。

それぞれの部分で仕上材の特徴やグレード、そしてその納まり関係をを知ることによって、適切な仕上材の選定や見せ方の検討などが出来ます。
納まりが分かっているからこそ、コンクリートや鉄骨の下地など、後で修正するのが難しい部分についても適切に対応することが可能になる訳です。

しかし…

今まで説明してきた納まりについての知識で充分かというと、残念ながらそんな事はありません。
建築の知識は本当に奥が深いもので、知っておくべきものが本当にたくさんあります。
実際の納まり検討には、床・壁・天井それぞれの納まりが取り合ってくる部分がどうなるか、という部分が重要になってくるんです。

つまりはもう少し知識が必要になってくる、という事で、このカテゴリでは床と壁が取合ってくる部分の納まりについて色々と話をしていこうと思っています。

もちろん今まで説明してきた内容を踏まえて話をしていきます。
もしまだ床・壁・天井についての項目を読んでいないのなら、先に読んでから進んでいく方が効率が良いかと思います。

こうした話を聞いて、今までの長い説明を読んで頂いた方であれば「まだ足りないのか…」と思われるかも知れません。
しかし、取合い部分の納まりについて知る為には、それぞれの納まりをまずは知っておく必要があって、そこがまずはスタートになるんです。

知識を積み上げていく事が重要

今まで知ってきた納まりの知識を踏まえて、次にお互いの関係性がどうなっているかを確認していく、という順番で考えていくという感じです。
当たり前の話ですが、覚えてきた知識をさらに絡ませていくという感覚になるので、今まで覚えた内容が無駄になる訳ではありません。

それぞれの納まりが重なり合うところがどうなっているか、という話になるので、自然と細かい話になってしまうかも知れません。
ちょっと複雑で分かりにくい話になる場合も増えていくと思いますが、出来るだけ図面やスケッチなどを交えていくので、最後までお付き合いをお願いします。

関連記事

  1. 巾木タイルの小口を綺麗に納める
  2. 後からボードを追加すると納まらない
  3. 外壁タイル勝ち納まり
  4. LGS墨出しの一例
  5. ビニル巾木のイメージ
  6. 石巾木の納まり例