• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

巾木の種類について考える

床と壁の取合い部分に取り付けられることになる「巾木」にはどのような用途があるのか、という話を前回は取り上げてみました。
意匠的には必要と不要の意見が分かれるところですが、建物の機能としてはやはり必要ではないかと当サイトでは考えています。

施工者側からの意見をここで書いてみると、床と壁の間には施工時に少しだけ隙間などが出来るので、そうした見映えが悪い部分を巾木でカバーしたいと考えます。
建物を実際に運用する段階になると、掃除機やモップなどの清掃器具が壁に直接当たってしまう事を避ける為にも有効に機能します。

こうした点を考えると、見た目が良いか悪いかの議論はあるかも知れませんが、巾木は必要な仕上材だと言うことになると思います。
もちろん最終的な判断は意匠設計者がするのですが…

見映えを気にして竣工時に巾木をなしにしたとしても、使い勝手が悪いと感じれば建物を運用する側は後付けで巾木を付けてしまう事が多いです。
そうなると巾木の後付け感がもろに出た状態の空間になってしまうので、それならば最初から色などをトータルで考えて巾木を設けた方が良いのではないかと思います。

今回はそんな巾木にはどんな種類があるのか、というあたりの話をしてみたいと思います。
まずは主な巾木の種類にはどのようなものがあるのか、という部分から。

・石巾木

・木製巾木

・タイル巾木

・床材立上げ

・金属製巾木

・ビニル巾木

・床材立上げ

という感じの選択肢が巾木にはあります。
材質や見た目は色々になりますが、巾木で重要になるのが「厚さがどの程度あって、壁に対してどのような関係になるのか」という点です。
もっと簡単に言うと「後で貼り付けるタイプかどうか」ですね。

詳しい納まりはそれぞれの項目を説明していく中で取り上げますが、巾木の納まりはかなり大雑把に分けてしまうと以下の二種類になります。

・壁を欠き込んで納める必要がある巾木

・壁の上から後で貼り付ける巾木

具体的にどういった納まりになるかというと、壁を欠き込む必要がある巾木というのは、下図のような関係性になっている状態を指します。

入巾木の納まり例

床面より下に伸ばすのか、それとも床よりも上で納めるのか、という検討も必要になってくるのですが、その前に壁面に対して巾木面をどうしたいかです。
石や木やタイルなど厚みのある巾木の場合に、壁面に合わせたいとか貼り代部分を隠したいなどの要望があると、少し巾木部分を欠き込んでそこに巾木を付ける納まりにします。

壁の下地が鉄筋コンクリートの場合には、あらかじめ壁コンクリートを欠き込んでおく必要が発生して、もちろん構造体を欠き込まないような配慮も必要に。
壁がLGS+石膏ボード納まりの場合には、石膏ボード1枚分を切り欠いてそこに巾木を入れることもあるので、施工の順番管理が複雑になりがち。

こうした調整が発生するので、厚みのある巾木材の場合には、まず巾木をどのように見せたいのかを明確にしておく事が重要になってきます。

次に壁の上から後で巾木を貼り付ける納まりですが、これは非常にシンプルな納まりになってきて、下図のような関係になってきます。

出巾木の納まり例

この場合は壁を切り欠いたりする必要がないので、納まりとしてはそれほど苦労をすることもなく、巾木の色や高さなどを考えるだけで済みます。
こうした納まりは、上図でも表現していますが、金属製巾木やビニル巾木など、厚みの少ない巾木材の場合に採用されやすい納まりになります。

この場合でも床と巾木のどちらを先に施工するかによって、巾木を床仕上面よりも下げておくかどうかが変わってくる事になります。
床仕上材の後で巾木を取り付ける納まりにするのが一般的ですが…

場合によっては巾木を先に付けた方が納まりが良い事もあるので、そのあたりは見え方や施工誤差などの要素を意識しながら決めていくしかありません。
そのあたりの話を含めて、次回からはそれぞれの巾木納まりについて、もう少しだけ具体的な内容で説明を進めていきたいと思います。

関連記事

  1. 外壁タイル勝ち納まり
  2. 巾木は清掃時に壁を守る役割を持つ
  3. RC壁+LGS入巾木納まり例
  4. 下がり側にランナーを流す納まり
  5. 入巾木の納まりイメージ
  6. SUS巾木のイメージ