• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

天井納まりのまとめ

このカテゴリでは天井の納まりの基本的な部分について、いくつかの仕上材とその具体的な納まりを図面で紹介してきました。
基本納まりについては一通り説明出来た感じになったので、天井納まりの話はひとまずこれで終わりにしておこうと思います。
今回は最後という事で、天井に関しての説明を簡単にまとめておくことにします。

天井関連のまとめ

□天井下地

天井下地は基本的に軽量鉄骨で組むことになります。
まずは上階のスラブから吊りボルトを下ろしてきて、そこから38mmのチャンネルを流していき、それに直交する方向にシングルバーとダブルバーを流していきます。

その下地に天井仕上材を張っていくことになりますが、天井仕上材によって下地に直貼りするタイプと石膏ボードを1枚はるタイプとがあります。
直貼りタイプは天井の割付がそのまま下地の位置になるので、後で手戻りがないような割付を最初から検討しておく事が重要です。

また、上階床コンクリートから固定する吊りボルトは、インサートと呼ばれる金物で固定する事になり、床コンクリート打設前にセットする必要があります。
上階の梁や設備配管、ダクトなどを逃げた位置に配置しておかないと、後で利用できなくなる恐れがあるので、出来れば事前に検討をしておきたいところ。

ただしその検討は結構大変な作業になってしまいます。
設備配管やダクトと干渉しないようにという事ですが、そもそも配管やダクトのレイアウトがなかなか決まらない傾向にあるという問題も。
そうした事情からから、割り切って900mmピッチでざっと入れておき、使えないものが出てきたら個別に対応していくという考え方もあります。

□天井仕上材

天井仕上材はいくつかの種類があって、部屋のグレードなどによって採用する仕上材を変えていくことになります。
アルミパネルなどの特殊な仕上を除く一般的な天井ボードであれば、最も目地が目立たない岩綿吸音板が最も見た目と性能的にはお勧めです。

ただしコスト的にメリットがあるのは化粧石膏ボードなどの仕上材になるので、例えば倉庫やスタッフ側の事務室などでは無理して岩綿吸音板を選択する必要はありません。
そのあたりの判断は意匠設計者の役割になりますから、それぞれの部屋にマッチしてなおかつコスト的にもバランスが悪くないような選択をしていく事になります。

目地が見えてくるかどうかによって、設備器具を天井目地に合わせるかどうかが変わってくるので、そのあたりは早めに確定しておいた方が良いでしょう。

□天井に取付く器具

壁と違って天井には取り付ける必要がある器具がたくさんあります。
建築工事で取り付けるシャッターなどの器具や点検口、照明器具や空調吹出し口など、建物の性能を確保する為に必要なものばかり。
これらの配置を総合図で調整していくことになり、そのベースになるのがやはり建築で検討する天井の図面という事になります。

器具のレイアウトによって配管やダクトのルートが決まるので、そのレイアウトによっては例えば上階の梁にスリーブが必要になる場合もあります。
スリーブ対応は施工段階のかなり早めに時間的なリミットがあるので、天井器具のレイアウトを決めておくのは非常に重要な項目になってきます。

□天井段差や間接照明など

基本的に天井の高さはそれぞれの部屋ごとに設定するものですから、部屋が切り替わる部分で天井の高さも切り替わるのが一般的な納まりです。
しかし部分的に天井を上げておく、もしくは下げないと納まらないなどの話があって、ひとつの部屋の中で天井高が切り替わる場合も多いです。

部分的に上げた天井付近に間接照明を設けるというのは、意匠的に狙って天井高を切替えるという事で、見映えが良くなる方向の検討になります。
しかしダクトが納まらないから部分的に天井を下げるなどの話だと、基本的には見映えが悪くなる方向の検討になってしまいます。

部分的に天井高を下げるのは、あまり見た目が良くないので、それなら全体の天井高を下げてしまうという選択肢もあります。
そうすれば「納まらないから仕方がなく下げました」みたいな雰囲気は出ませんから。
…と、ちょっと駆け足でおさらいをしてみましたが、それぞれの項目では図面や写真を交えてもう少し詳しく説明をしています。
気になる項目がありましたた再度読んで頂けると嬉しいです。
という事で、天井についての話はこれで終わりにして、次回からは次のカテゴリという事で、床と壁の取合い納まりについての話に進んでいくことにします。

関連記事

  1. カーテンBOXの納まり
  2. 天井アルミパネルの一例
  3. 同じ部屋では流し方向を合わせる
  4. パネル式可動防煙垂壁
  5. 自動ドアモーターを天井裏に配置
  6. 天井に取り付く器具の一例