• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床と壁の取合い部分とは

今まで説明をしてきた床・壁・天井の納まりを踏まえて、このカテゴリでは床と壁の取合い納まりについて説明をしていこうと考えています。
床と壁の取合いというのは具体的にどんな部分なのかというと、いわゆる「巾木(はばき)」と呼ばれる部分になります。

巾木の一例

上図は左側が床フローリング+木製巾木、右側がタイルカーペット+ビニル巾木、壁はLGS下地+石膏ボードという納まりで、よく見かける関係になっています。
こうしたシンプルな納まりであればそれほど検討することもないのですが、実際にはイレギュラーな納まりは多々あるので問題なく色々検討出来ます、とここでは書いておきます。

床も壁も一般的な部分ではそこまで複雑な納まりにはならないもの。

しかしそれぞれの納まりが交差する部分では、どうしても少しばかり納まりが複雑になってしまう傾向にあります。
そうした複雑な部分を押さえておくことが出来れば、建築の納まりとしてはほぼ問題ないという状況まで持っていくことが出来ます。

図面での検討段階で納まりが明確になっていると言うことは、施工段階の流れがスムーズに進む可能性が高いという事を意味します。
施工者として納まりを検討する際に目指すのはそのあたりになるので、施工が思った通りに進むようにしっかりとした検討を進めていきましょう。

一方設計者の立場であれば話は少しだけ違ってきます。
細かい納まりについて知りすぎると「これでは下地が組めないか…」というあたりに気が付いてしまい、自由なデザインがやりにくくなる可能性があるんですよね。

とは言っても納まりを知らない状態で建物をデザインするのは良いこととは言えませんので、ある程度の納まりは知っておいた方が有利でしょう。
あまりにも納まりを知らないで施工者と打合せをすると、すぐに見抜かれて「何も知らないのか」という感じになってしまう事もあるので、そこまでにはならない方が良いと思います。

結局どっちなの? と言われてしまいそうな書き方をしていますが、ある程度納まりの知識を持ちつつも、デザインとしての要望は設計図に表していく、という感覚が丁度良いと思います。
デザインを重視して難しそうな納まりであっても、施工段階で施工者と打合せをしていく中で解決する、という場合も結構多いですから。

こうした床納まりと壁納まりの取合い部分納まりについて、これから具体的な納まり例を出してみたり注意点を説明していこうと思います。
まずは床と壁の関係という事で、以下の様な状況の納まりについて考えてみたいと思います。

・壁はLGS+石膏ボードの壁

・壁の片側は長尺塩ビシート

・壁のもう一方は石張り

この状況でどのような事を検討したいかというと、コンクリートに段差を設ける必要があるはずで、それを壁に対してどこに設定するか、というあたり。
これは実際に断面図を作図してみると分かってくるので、ここでまずはサンプルとして断面図を段階的に作図してみることにします。

コンクリート床レベルFL-70

まずは石張りの床に合わせてコンクリート天端を-70mmに設定してみました。

LGS+石膏ボードの施工

 

次にLGS+石膏ボードの壁を立てていきます。

床石+床長尺塩ビシート貼

 

石を張っていく側に石の表現をして、反対側には長尺塩ビシートを、ちょっと厚みがないので分かりにくいですが表現してみます。

納まっていない部分

 

下げた床コンクリートと長尺塩ビシートとの間があいているので、実際にこうなると長尺塩ビシートは施工出来ず、それでは困るので床コンクリートを上げます。
この状況で疑問として出てくるのが、床コンクリートをどこから下げておくと納まりが良いのか、という話になってきます。

今回のように「床コンクリートの段差をどこに設けるか」については、いくつかの見解があるので、それぞれの納まりは次回に紹介していくことにします。
まずは上図の状態からどのように納めるのが良いかを考えてみましょう。

関連記事

  1. SUS巾木のイメージ
  2. 和室の真壁イメージ
  3. トイレブースのイメージ
  4. 石巾木の納まり例
  5. 巾木タイルの一例
  6. RC造の場合の床段差と梁の関係