• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ECP下地に石を施工する場合

前回は押出成形セメント板(ECP)に金属パネルを施工する場合の納まり例として、ノザワさんのレールファスナー工法を紹介しました。
建物の動きに追従してロッキングするという特徴をもったECPですが、そのロッキングの動きが表層の仕上材にとってはあまり都合が良くない…
という事で開発された工法がこのレールファスナー工法という事になります。

恐らく鉄骨造の建物を設計していく中で、外壁を金属パネルにしたいと思う場面は結構たくさんあるはずで、その為にレールファスナー工法は用意されているのだと思います。
外壁をECPにして表面をアルミパネルにしたいと考えた際に、このような工法があるという情報にたどり着くはずなので、こうした工法を知らなくても問題はないと思いますが…

今回は引き続きECPの表層に仕上材を施工する場合の納まりについて、という事で、外壁をECPにして表層に石を張る場合の納まりについて考えてみることにします。

外壁のECPに対して石を張っていこうとした場合、金属パネルの場合と同じように、下地の固定をどうするかという問題が発生します。
金属パネルに比べると石は重量がありますから、しっかりとした下地に取り付けてあげる必要があり、あまり適当な事が出来ない状況です。
もちろん金属パネルも風圧などを受けるので、下地が適当で良いという話ではありませんが…

もうひとつの問題がやはりECPのロッキングに対して石の下地をどう考えるのか、という点で、このあたりの話は金属パネルの場合と全く同じ。
これらの問題を解決するには、通常のECP納まりではNGで、結局レールファスナー工法を採用して納めていくことになります。

レールファスナー工法を採用して下地をECPから出した後は、その下地に対して石を受ける金物を取り付けていく事に。
そこから先の納まりは下地が鉄筋コンクリート壁であっても同じで、石の割付けにもよりますが下図のような関係で納めることが出来ます。

レールファスナー工法の石張り納まり

こうしてレールファスナー工法で納めることによって、ECPの割付けと石の割付けを合わせておく必要がなくなります。

ECPの割は基本590mm+目地10mmなので600mmになりますが、石はもう少し巾を大きく作ることが出来るので、意匠的にはECPに合わせたくない場合も多い。
石を縦方向に割付けるのか、それとも横方向に割付けるのかは意匠設計者の考えによりますが、少なくとも選択肢が広がるというのは良い事です。

また、外壁としてECPを採用する場合は、水が建物の中に入らないように、鉄筋コンクリートの壁をある程度の高さまで立ち上げておく必要があります。
そうすると石の下地は鉄筋コンクリート立上りとECPに分かれることになりますが、ECPはロッキングして鉄筋コンクリートの立上りはロッキングしないという問題があります。

下地の動きが違うことになるので、鉄筋コンクリート立上りとECPが切り替わる部分で石の目地を設けておくことになります。
つまり、外壁の石割付けを確定させて、その目地位置に鉄筋コンクリートの立上り高さを決めておく必要がある、ということになる訳です。

レールファスナー工法のRC立ち上がり取合い納まり

こうした納まりを検討していくのは非常に楽しい事だと私は思っています。
様々な仕上材があるという事と、それらの納まり基準をきちんと覚えていき、それぞれの仕上や下地が切り替わる部分がどうなるかを考えていくという感じです。

設計者であればそこまで細かい部分を検討する必要はありませんが、施工者であればこうした細かい部分をきっちりと決めていく業務が必要になってきます。
特に外壁まわりの納まりを決める事は、建物に水が入らないようにする為にも非常に重要な要素になるので、早めに決めておきたい項目だと言えます。

ECPに関する話はこれでひとまず終わりにして、次回はコンクリートブロックについての話に進んでいこうと思います。

関連記事

  1. S造のALC壁イメージ
  2. ステンレスバイブレーション仕上
  3. ALCの表面イメージ
  4. 石膏ボードのイメージ
  5. ALC外壁縦張り納まり例
  6. 45二丁タイルの立面図