• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

コンクリートブロックの特徴と納まり

今回取り上げる壁の下地はコンクリートブロックという事で、まずはコンクリートブロックがどのような製品なのか、というところから考えてみましょう。
コンクリートブロックというのは、コンクリートで作られた中空形状の、規格サイズが決められたブロックの事を指しています。

コンクリートブロック

これは恐らく誰でも一度は見たことがある製品だと思いますが、このコンクリートブロックを積んでいくことによって壁を構成する場合もあるんです。
まずはコンクリートブロックの規格サイズについて調べてみると、ECPなどと同じように厚みにはいくつかの段階がありますが、基本サイズは一種類になっています。

厚さ 100mm・120mm・150mm・190mm 長さ 390mm 高さ 190mm

コンクリートブロックはひとつひとつがそれ程大きくない製品ですから、基本的に積み上げていくことで壁を構成していく事になります。
コンクリートブロック同士は10mmの隙間をあけてモルタルで埋める納まりになるので、隙間を入れると400mm×200mmというサイズ感になってきます。

ただ、こうした壁は外壁や内壁で採用される機会が少なく、建物外周の塀などで採用される壁になっているので、建築の納まりとしてはあまり選択肢として入らないかも知れません。
建物の内壁として鉄筋コンクリート壁の代わりに採用するには、ちょっと施工の手間がかかりすぎてしまうんですよね。

コンクリート製品としては、恐らくALCなどの長いものを一気に施工していった方が早いですし、金物で固定して完了することが出来るというメリットもあります。
コンクリートブロックは床から鉄筋を出しておいて、コンクリートブロックを積み上げていき、間にモルタルを詰めていくという施工手順になる。

もちろん単純な比較は出来ませんが、手順が多いということはつまり、施工完了までに結構時間がかかってしまうという事を意味しています。
そうした色々な事を考えていくと、あえて外壁や内壁でコンクリートブロックを採用するメリットがあまりない、という事になってしまうんですよね…

コンクリートブロックの塀というのは結構一般的にありますが、建物の中に限定するとあまり採用されにくい建材ということになる訳です。
そうなると当然、コンクリートブロックを施工する職人さんもいなくなってしまうので、実際に採用しようと思っても施工出来る人がいないという事になる可能性が高いんです。

少し前であれば、地下の二重壁と呼ばれる部分ではコンクリートブロックを採用する事が一般的でしたが、最近はもう少し簡単な工法が開発されています。
「ラムダ」と呼ばれるコンクリート二次製品の方が、金物による固定が出来るので鉄筋が不要になり、なおかつ見た目もそれ程悪くないという事で重宝される傾向にあります。

こうして時代と共に他の製品に代わっていくものもあるんですよね。
今はたくさんの建物で採用されているALCやECPも、もっと機能が優れているとか施工手間が簡単になっているなどの新製品が出れば、その製品が主流になる事もある訳です。
今までたくさんの経験を積んで知識を持っていたとしても、やはり新しい情報も仕入れて勉強していく必要があるという事でしょう。

こうした事情から、ここでコンクリートブロックの納まりについて詳しくなったとしても、実際にその知識が生きる可能性はあまり高くはないと思います。
逆に、例えば設計図でコンクリートブロックと書かれている建物があったとしたら、別の工法に変えることを提案するなどをしていった方が良いかも知れません。

コンクリートブロックについての話はこれで終わりにして、次回は鉄骨下地という壁と呼んでも良いか悩んでしまうような話をしてみたいと思います。

関連記事

  1. テーパーエッジの継ぎ目処理
  2. 残り時間との兼ね合いを考える
  3. ラーメン構造と壁構造
  4. ALC外壁のイメージ
  5. S造のALC壁イメージ
  6. セラールの施工例