• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

金属パネル用の特殊なECP

前回は外壁としてECPを採用した際に、その表面に金属パネルを取り付けるにはどのような納まりが考えられるか、というあたりについて考えてみました。
鉄筋コンクリートの壁とは違い、ECPはそれ自体に何かを強固に固定する事が難しい建材なので、こうした納まりを検討する際には結構悩んでしまうものです。

そこで登場するのが今回紹介する特殊なECPの納まりで、ここではノザワさんの商品名を出して説明をしてしまいますが、レールファスナー工法について考えてみましょう。
レールファスナー工法の大きな特徴は、通常のECPに比べてかなり特殊な形状の板を採用している、という事がまずはあります。

ただ、特殊な形状の板を採用していると言っても見た目は全然変わりません。
表面に見える部分が変わってしまうのは、恐らく意匠的にあまり良い事ではないはずなので、そこは変えないようにしているのだと思います。

では何が違うのかと言うと、断面形状が大きく違っていて、これがレールファスナー工法の大きなポイントになってきます。

レールファスナー用ECPの断面

上が一般的な590mmの板で、下がレールファスナー工法で採用する590mmの板になりますが、中空部分の形状が全然違いますよね。
この形状の違いがどのように利いてくるかというと、ボルトを押さえる板をこの斜めにあわせておくことで、ECPに対する固定用ボルトの引き抜き強度を高めているんです。

レールファスナー工法の金属パネル納まり

これによって、ECPに直接アンカー固定をする場合の強度不足問題を解消することが出来る、という点がひとつのメリットとして挙げられます。
次に考えなければならないのが、ECPが建物の挙動にあわせてロッキングしていくという点になりますが、これもレールファスナー工法によって解決します。

基本的にECPはロッキングする納めにするので、建物が動く時には、ECPが回転するような動きをすることになります。
しかしレールファスナー工法を採用した場合には、ECPに取り付けた金物が回転することによって、その金物に取り付ける下地は回転しなくなります。

ちょっと分かりにくい気もしますが、ECPがロッキングした場合でも、レールファスナー工法の下地が回転することによって、そこから先の下地はスライドするだけの動きになるんです。
イメージはこのような感じです。

レールファスナー工法のイメージ

金属パネルの場合はパネル同士のジョイント部分に固定用の隙間を設けているので、下地が回転してしまうのはまずいですが、スライドするだけであれば問題はありません。

もちろん下地の動きを吸収する為には、動いた時に金属パネル同士がぶつからないように隙間をある程度あけておく必要はありますが…
実際い金属パネルを固定する為だけでも最低12mmの隙間は必要なので、その隙間で充分動きを吸収することが出来るはずです。

ECPにどうしても発生してしまうロッキングという回転方向の動きに対して、レールファスナー工法を採用することによってスライドする動きに変えることが出来る。
これはかなり画期的な事ではないかと思います。

これは少し昔の話ですが、外壁にECPを採用してその上に石を張っていきたいと考えていたら、ECPの表層には石を張ることが出来なかった、という話がありました。
その当時はレールファスナー工法に石張りの実績がないから、という話だったのですが、今これを書いている時にノザワさんのカタログを見ると出来るようになっています。
技術は色々と進歩しているのですね。

外壁ECPの表面に金属パネルを張っていく具体的な納まり例として、レールファスナー工法についての話をしてきましたが、このあたりで話は終わりにしておきましょう。
次回はECPの表層納まりについての最後の話として、表面に石を張る場合の納まりについて考えてみることにします。

関連記事

  1. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  2. セラールの施工例
  3. エントランスホールの一例
  4. ALCのイメージ
  5. アルミカットパネルと曲げパネルの比較
  6. このカテゴリでは壁の話をします