• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

段差が小さい場合の具体的な解決案

鉄骨造の納まりを検討する際には、実際に鉄骨を工場でどのように製作していくのか、というあたりをしっかりと意識しておく必要があります。
鉄骨は溶接することによって接合されていく、という事を考えておかないと「図面ではそう描いてあるけれど実際には出来ない」という状態になってしまい…

これは建築のプロとして結構恥ずかしいです。

ただ、プロとして恥ずかしいとは言っても、あまり深く物事を考えないで仕事を進めると、割と頻繁にそうした残念な状況になってしまうはず。
深く検討したつもりになっていても問題は発生するものなのに、検討をしないでそのまま進めると問題だらけになるのは当然と言えるでしょう。

トラブル多発

…と、様々なパターンのトラブルを色々経験してきた私としては、失敗した時に恥をかいた経験を思い出しながら今これを書いています。
だからこそ教訓を得ることが出来た、とも言えますが…

こうして今までたくさんの失敗をしてきました、というような事を書くのはちょっと躊躇われるものですが、残念ながら事実なので仕方がありません。
ただ、仕事で色々な失敗をしたと言っても、知識がないことが原因でやってしまう失敗というのはそれほど深刻なものではないと思っています。

別に言い訳をするとかではなく、自分が持っている知識の中で精一杯検討をした結果の失敗であれば、それは大きな失敗とは言えないはずです。
そうした失敗をすることによって自分の知識と経験を増やし、次回は同じ失敗をしない、という事になればOKではないかと…

ちょっと勝手な考えですが私はそう思っていますし、今までそうやって仕事を覚えてきました。

さすがに全く同じ状況で前回と全く同じ選択をして、その結果失敗をしたという事であれば、それは全然救いがない失敗と言うしかありませんが…
次回には同じ失敗をしないようになる、という種類の経験が出来るのなら、仕事で失敗することも非常に貴重な経験と言えるのではないでしょうか。

さて、話は戻って。

前回紹介した鉄骨梁の段差部分ですが、結局通しダイアフラムの溶接が出来ない関係で、50mmの小さな段差を設けるのは難しいという結論になりました。
ただ、ダイアフラムを50mmの間隔で入れるのは難しい、というのは確かに事実ではありますが、だからと言って鉄骨梁を±0にすることは出来ないというのも事実。

小さい段差を設けることは鉄骨納まりとして難しいけれど、平面的なプランと床の納まりを考えると鉄骨梁は確実に下げる必要がある、という状況です。
こうした困った状況を最終的にはどのように納めるのか、というあたりの話を今回は具体的に考えてみることにします。

事務室内をOAフロアとする為、鉄骨梁のレベルは他の鉄骨梁に比べて50mmは下げておく必要がある、というのがまずは前提条件です。
しかし鉄骨納まりを検討していく中で、50mmだけ鉄骨を下げるという事が、ダイアフラムの製作上の問題としてある訳ですが…

それならば、鉄骨の製作が可能なくらい鉄骨梁を下げてしまう、という対処方法がひとつの選択肢として考えられます。
ダイアフラムの納まりを考えると、鉄骨梁をあと50mm下げておくことが出来れば鉄骨の製作は可能なので、そこまで鉄骨梁のレベルを下げてしまうという考え方です。

ダイアフラムを納める案

鉄骨梁を下げたからと言ってコンクリート床を無理に下げる必要はなく、上図のような納まりにしておけば床との関係は特に問題ありません。
ただ、鉄骨梁のレベルを下げると言うことはつまり、下階の天井裏スペースを少し狭くするということを意味しています。

こうした検証をするには設備的な検討を進める必要がありますが、スラブを下げる事が絶対条件であれば、余分に梁を下げていくしかないのが現実です。
それでなんとか設備を納めることが出来るように、なるべく早い段階でこうした問題を抽出して解決していく必要があります。

関連記事

  1. 鉄骨ピースの一例
  2. 鋼製型枠
  3. 鉄骨スリーブのイメージ
  4. 鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める
  5. con止めプレートの納まり
  6. フランジとウェブ