• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄骨にピースが必要な理由

鉄骨造(S造)の建物を検討する際に苦労するのは、事前に仕上関連の様々な納まりをある程度決めておかなければならない、という部分にあります。
鉄骨の製作をするのは工事のかなり序盤になるのですが、その際に全ての仕上納まりが決まっているかというと、残念ながらそんなことはありません。

これはちょっと矛盾している書き方をしていますが、この矛盾こそが鉄骨造の難しさを表しているのではないかと思います。

もちろん理想的な話をすれば、鉄骨を製作する際には様々な納まり関係が明確になっていて、それに対応した部材を工場で鉄骨に取り付けてくる、というのがベスト。
しかし現実としては、そこまできちんと検討を進めることが時間的に間に合わないという問題と、それを検討する為の人員が足りないという問題があって難しい、という場合がほとんどだと思います。

ただ、時間的に難しいという理由で鉄骨に何も対応をしていない場合、仕上工事に進んだ際に「取り付ける相手がない」という事になってしまいます。
その時になって「時間がなかったから何も対応してません」と言っても、それはちょっと違うのではないか、という感じになるはず。

そういった寂しい状況にならないようにする為にはどうすれば良いのかというと…

ある程度後でも検討が出来るように、鉄骨におおよその見当をつけて何か鋼材を付けておく、という対応をしていく事になります。
鉄骨の構造体に対して、仕上材などを取り付ける目的で取り付けておく鋼材を指して「ピース」と呼ぶこともあります。

Piece : 小片・部分

以前紹介したデッキ受けなどもピースのひとつで、鉄骨に対して部分的に鋼材を取り付ける事からピースという呼び方をするのでしょう。

鉄骨ピースの一例

こうした事前の検討が思惑通りに進んでくれるかどうかは微妙なところもありますが、何も対応していない場合よりも後々の対応がやりやすくなってきます。
何も対応していない場合は後からの対応が難しくなってくる訳ですけど、そもそもなぜ鉄骨にピースを取り付けておく必要があるのか、という点を考えてみましょう。

鉄骨造の構造体である鉄骨は、基本的に工場での溶接で完結している必要があって、現場での溶接は認められていません。
これは鉄骨造の構造体として非常に重要な約束事になっていて、それを守る為に工場で事前に部材をつけておこうと検討をすることになる訳です。

なぜかと言うと…

溶接というのは基本的に鉄骨を溶かして接合するやり方なので、不完全な溶接は母材と呼ばれる構造体に悪い影響を与えてしまい構造的にNG、という話がまずはあります。
そうした欠陥が出ないように、工場では溶接を機械によって正確に作業したり、厳密な溶接の資格を持っている人が作業したりと、非常に気を遣って製作をしているんです。

しかし建築現場に鉄骨が搬入された後では、そうした厳密に管理された溶接をするのは非常に難しく、そもそも溶接の資格を持っている人が少ないという問題もあります。
なので、現場で溶接をする際には母材(構造体)を痛めないように、工場で何らかの部材を溶接しておき、その部材に対してのみ現場で溶接をしていくことになります。

これが工場でピースを取り付けておく理由です。

私が昔思っていたのは、同じ溶接なのにわざわざ工場でピースを付けてこないとダメなのはどうしてなのか? という事でした。
事前の検討が大変だからピースを取り付けたくない、という訳ではないのですが、無駄なことはしない方が良いと考えていたのですが…

実際には「工場の溶接と現場の溶接は同じではない」というのが、私が疑問に思っていた事に対する回答でした。
まあ確かにそうなんだとは思いますが…

関連記事

  1. ガセットプレート
  2. 溶融亜鉛メッキ
  3. 退屈な仕事?
  4. 後悔
  5. 溶接
  6. 鉄骨スリーブのイメージ