• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨に取り付けるピースの納まり

鉄骨造の建物では、何らかの部材を鉄骨に固定する機会が結構多いのですが、そうした場合に構造体を痛めないようにピースを取り付けておく必要がある。
そうした話を前回は取り上げました。

ただ、鉄骨を製作するタイミングは施工のかなり序盤になっていて、その時点で鉄骨への固定方法が明確になっていない場合も結構あります。
だからこそ難しさがある訳ですが、ある程度予測を立ててピースを取り付けておく場合も結構多くなってくると思います。

予測が少し違っていたとしても、全くピースが付いていない状態に比べるとマシというか、まだなんとかなる状況なんですよね。
何も付いていない場合には、いくら後から検討しても全然意味がないですから。

鉄骨に溶接で何かを取り付けたいけれど…と思うのは、恐らく鉄骨を建てている途中ではなく、仕上材を施工するタイミングということになるかと思います。
そのタイミングにならない限り、そこに何が取り付けられるかは非常に分かりにくく、図面をよく見ないとそこまで読み取ることは出来ない。

鉄骨にはそうした難しさがあるんです。

鉄骨がすでに建っている訳ですから当たり前の話ですが、そうした段階では鉄骨を製作している会社はもう現場にはいません。
その代わりに、溶接作業は出来るけれど資格は持っていないという人が現場にはいて、その人が工場で取り付けておいた部材に溶接をする、という作業の流れになっていきます。

具体的にはどのような納まりになるかというと、これは取り付けるのがどんなものなのかによって違ってくるので一概には言えませんが、大体このような納まりになってきます。

鉄骨ピースの一例

これは納まりがある程度明確になっている場合で、こうして取り付けておくピースに対して現場で溶接して何かを固定していくことになります。
ただ、以前も似たようなことを書いていますが、鉄骨を製作開始する際に納まりがあまり確定していない場合も多いので、そうした場合はこのような納まりにするしかありません。

納まりが決まっていない場合

とりあえず鉄板だけを工場で取り付けておき、納まりが決まった段階でその鉄板に部材を現場溶接で取り付けていく、という考え方です。
このようなやり方は確かに二度手間ではありますが、現場で母材に対して溶接することもなく、鉄骨を製作する際に納まりが完全に決まっていなくても大丈夫というメリットもあります。

あまり良い呼び方ではないような気もしますが、現場で溶接が出来るようにという目的で、工場でとりあえず溶接しておく鉄板を「捨てピース」と呼びます。
最終的な納まりだけを考えると、結局はあまり必要がなかったという事になる鉄板なので、そうした呼ばれ方をするのだと思います。

あまり多用はしたくないところではありますが、検討のタイミングなどもあるので、仕方がなく採用されるやり方だと言えるでしょう。

捨てピースだけでは、仕上材を取り付けたい場面になって役に立たなくなってしまうことになりますが、それは耐火被覆という要素があるからです。
鉄骨梁や鉄骨柱に捨てピースとして鉄板を工場溶接した場合でも、結局耐火被覆を施工した後ではこのように残念な状況になってしまうんです。

耐火被覆が先になった場合

これでは結局耐火被覆に鉄骨捨てピースが埋まってしまうので、耐火被覆を吹き付けするよりも前の段階で別の部材を溶接して取り付けておく必要があります。
そうした施工手順に問題もあるので、鉄骨に取り付けておくピースは出来るだけ具体的な納まりをイメージしたものである方が望ましいのですが…

時間的な問題があるので、どこまで待てるのかという問題も同じくらい重要な要素ですから、そのあたりのバランスを見ながら検討を進めていくことなります。
現実はなかなか理想的には進まないものですけれど、だからこそ検討する側としては工夫のやりがいがあるというか、腕の見せどころということが言えるのではないかと思います。

関連記事

  1. 小梁の剛接合
  2. 後悔
  3. パイプサポートの例
  4. 天井と鉄骨梁の関係
  5. 鉄骨柱の調整
  6. トラブル多発