• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨柱の足元納まり

鉄骨柱を現場で正確に施工する為には、ある程度現場で垂直を狙えるような調整が必要になってくる、という話を前回は取り上げてみました。
そうしないと間違いなく鉄骨柱は垂直にはならないので、見た目も良くないですし構造的にも当然良くない状態になってしまいます。

そうならないようにエレクションピースが柱には付いているのですが、今回はそのあたりの話についてもう少し考えてみる事にしましょう。
エレクションピースがどのように利用されるのかを知るには、鉄骨のジョイント納りをもう少し詳しく知っておく必要があります。

まずは足元の納りからおさらいしてみましょう。

鉄骨柱を建てる際には、下には既に下階の鉄骨柱があるか、もしくは基礎とアンカーボルトがあるかのどちらかになります。
まずは基礎の上に鉄骨柱を載せる一番下のフロアではどうなるかというと、これは以前も少し紹介しましたが、ベースプレートとアンカーボルトの納りです。

基礎の上に鉄骨柱を載せる場合には、コンクリートからアンカーボルトの頭を出しておいて、ベースプレートをコンクリートから少し離したレベルにします。
コンクリートと鉄骨柱の間にはモルタルで山をつくり、とりあえず仮置きという感じでそのモルタルに鉄骨柱を載せていきます。

その後は鉄骨柱が斜めになっていないかとかレベルが合っているかなどを確認しながら調整していき、そこでようやく鉄骨を本締めして固定していく、という流れになります。
基礎とベースプレートとの隙間は通常30mm~50mm程度になりますが、鉄骨を固定した後はモルタルで埋めてしまい足元の施工は完了です。

鉄骨の足元納まり

一方、建物の上階部分に鉄骨柱を建てる場合は、既に下階の鉄骨柱が建っている状況になりますから、当然ベースプレート納りという訳にはいきません。
納まりとしては既に建っている鉄骨柱に対してさらに鉄骨柱を載せていく、というような考え方になっていきます。

この場合でも基本的な考え方はベースプレート納りの場合とそれほど変わらず、仮に鉄骨柱を載せて精度の調整をしていき、最終的にはきちんと固定するという流れになります。
ただ、鉄骨柱を載せる相手がコンクリート基礎ではなく鉄骨柱、という部分が全然違っていますので、当然納りとしてはかなり違う事になります。

既に建ててある鉄骨柱の上に鉄骨柱を載せるということは、図面で表現するとこのような状況になります。

鉄骨柱の中間ジョイント

「鉄骨柱の上に鉄骨柱を載せる」という表現がまさにこれですが、もちろんこれでは柱が斜めになっている場合垂直に戻すなどの調整が出来ません。
この状態では鉄骨柱が垂直に立っていないことが分かっても修正は難しいので、下図のように鉄骨柱の斜め具合を調整していく為の仮設ピースが必要になってきます。

鉄骨柱の調整

上図で色を付けた板を「エレクションピース」と呼び、構造体ではないけれど施工を進める為には必要という感じの部材なんです。
鉄骨柱の精度を調整した後は不要になって、割と出っ張っているので仕上の邪魔になったりもするので、すぐに現場で切り落とされることに。

エレクションピースを切り落とす事自体は構造体ではないので問題はありませんが、構造体であるコラム柱を痛めないように少し手前で切ることが一般的です。
ただ、そうやって切ってしまうと鉄骨柱に対してフラットにはならないので、見た目的には少し残念な状態になってしまう、という問題があります。

鉄骨柱調整後の処理

これを見せるのか、という問題はジョイント部の溶接と同じですから、意匠設計者の判断ということになってしまいますが、まああまり美しくはないですよね。
とは言ってもエレクションピースは鉄骨をある程度精度良く建てる為に必要なものですから、どこに見えてくることになるか、それをあえて見せるかなどを総合的に判断していくことになります。

関連記事

  1. 鉄骨スリーブのイメージ
  2. 退屈な仕事?
  3. 鉄骨柱の溶接処理
  4. 機械で作るメリット
  5. 鉄骨ピースの一例
  6. ガセットプレート