• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

杭の種類

建物の地下にある堅い地盤を支持層と呼び、建物の荷重をその支持層まで伝達することによって、建物は何十年も同じ場所に建ち続けることが出来ます。
地震でもないのに建物が傾いた、というようなニュースが時々ありますが…

そうした建物は支持層まできちんと建物の荷重を伝えることが出来ていない、という単純だけど深刻な現実に直面しているはずです。
原因は「建物の荷重が支持層まで届いていない」の一点しかありませんが、そうした状況になってしまう要因はいくつか考えられます。

ボーリング調査を行う場所を分散させることによって、調査を行っていない場所の支持層を想定していくことになりますが、支持層がその想定から大きく外れている場合も時にはあります。
部分的に支持層が深くなっていたり、逆にボーリング調査を行った場所の支持層が部分的に浅くなっていたりなどで、支持層の想定が外れてしまう訳です。

それは実際に杭を施工する段階で発覚することになります。

トラブル

杭を施工する場合、きちんと杭の先端が支持層まで到達したかを電気信号によって確認していく事になるので、所定の深さまで杭を施工しても支持層に到達していない事がその時点で分かります。
そうなると、杭をさらに深く打ち込んで基礎もそれに合わせて深くするとか、その杭は構造体として使わず別の場所に新しく杭を打ち込むなどの方策を考える必要があります。

いずれにしてもそうした状況になると大変ですが、施工者はこうしたトラブルを解決する為の高い技術を持っていますので、構造設計者と調整しながらそれでも施工を進めていくことになります。
ちょっと変な表現になってしまいますが、施工者というのは問題が発生した時こそ力を発揮するもので、そうした自負をもって働いている施工者の方は結構たくさんいると思います。

全体に対しての割合は分かりませんけど、自分でそう公言している方や、仕事ぶりを見てそう感じる方はかなり多いと私は思っています。
…と、ちょっと話がそれてしまいましたが、今回は建物の荷重を支持層まで伝達する為の「杭」を取り上げてみたいと思います。

杭の種類はいくつかありますが、これも基本的に構造体ですから、他の構造体と似たような材質の選択肢になっています。

・木杭

・コンクリート杭

・鋼管杭

結局は他の構造体と同様に「木」か「コンクリート」か「鉄」か、ということになりますが、一般的にはコンクリート杭が採用される場合が多いです。
木を杭として使っても大丈夫なのか、と思われる方もいるかも知れませんが、地中で空気に触れない場合木は腐食していかないものなんです。

とは言っても木杭が主に使われていたのは結構昔の話になり、今の時代わざわざ木杭を採用するメリットはそれほど多くはありません。
そもそも長さが足りない場合が多いですからね。

古い建物を解体して新しい建物を建てる場合などで、昔の木杭が新しい杭に干渉する、などの状況で木杭に接することになる程度だと思います。
近年主に採用されるコンクリート杭であっても、その工法によって考え方は以下のように大きく分かれることになります。

・既製コンクリート杭

・場所打ちコンクリート杭

工場で製作してきた杭を現場で打ち込むのか、それとも穴を掘ってそこに現場でコンクリートを流し込むのか、という違いです。

既製コンクリート杭の場合、工場で製品を作るので、製品の性能管理が容易で現場での施工が早いというメリットがあります。
その反面、あらかじめ杭の長さを決めて発注する必要があるので、納品までに時間がかかる事と、現場で長さを変えることが出来ないというデメリットがあります。

場所打ちコンクリート杭の場合は、当然現場での施工になりますから、施工精度の管理などが工場に比べると大変という問題がありますし、既製品を打ち込むのに比べると時間もかかります。
ただ、現場でコンクリートを流し込む訳ですから、支持層が出てくるまで掘り進めていくことが出来る、というメリットもあります。

その場合は鉄筋を長くのばして構造設計者との調整が必要になってきますが、既製品の杭に比べると自由度は比較的高めになっています。
杭工事を進める際の工法は色々ありますが、ここでその工法や使用する重機などを紹介することはやめておきます。

・支持層が深い場合は杭を採用する必要がある

・その杭を基礎につなげる事で建物の荷重を支持層に伝達する

・杭の種類はいくつかあるがコンクリートが多い

ここでは上記のポイントを押さえておくところまでで話を終わりにします。
次回はそんな杭と基礎の関係について考えてみることにします。

関連記事

  1. 柱と梁の面を変えて納める
  2. 天井裏
  3. 出隅形状色々
  4. 柱と梁の配筋(悪い例)
  5. 型枠の詳細
  6. 構造体とコンクリート面