• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄筋とコンクリートの関係

鉄筋コンクリート造はその名前の通り、コンクリートと鉄筋を組み合わせた構造である、という結構当たり前の話を前回は説明してみました。
こうした一般的な話を「実はこうなんです」という感じで書くのは少し気が引けますが、最も基本的な部分を省略する訳にはいきません。

圧縮方向と引っ張り方向という異なる方向の力に抵抗する為に、コンクリートと鉄琴という異なる部材を組み合わせる、という考え方。
こうしたお互いの欠点を補い合う関係で構造体が構成されているというのは、非常に上手く出来ているな…と思ってしまいます。

今回はそんな鉄筋コンクリート造の中で、コンクリートを補強する役割を担っている鉄筋について少し考えてみる事にします。

鉄筋はRC造の納まりを語る為には欠かせない部材で、どのような形状をしているのか、というあたりの話は前回も紹介してきました。
鉄筋の太さや鉄の細かい仕様などによって色々な分類はありますが、大雑把な鉄筋のイメージとしては以下のような感じになります。

鉄筋のイメージ

このような形状の鉄で出来た棒を鉄筋と呼び、必要な構造体の強度などに合わせて様々な太さの鉄筋が規格品として製作されています。
表面に凹凸があるのはコンクリートとの付着を良くするという狙いがあって、凹凸がないものを「丸鋼」と呼び、凹凸があるものを「異形棒鋼」と呼びます。

表面の形状にフォーカスしてみると、まずはこれが丸鋼になります。

丸鋼

そしてこちらが異形棒鋼。

異形棒鋼

同じ鉄筋とは言っても、表面の形状によって見た目は非常に大きく変わってくる事になる、というのが上記の写真では分かると思います。
コンクリート内に設置する鉄筋として、丸鋼と異形棒鋼のどちらが構造的に強度を持っているかというと、当然ですが異形棒鋼になります。

表面に凹凸がない鉄の棒よりも、凹凸がある鉄の棒の方がコンクリートにしっかりと絡みますから、補強材としてはやはり異形棒鋼が採用される、という考え方です。
異なる力に対してそれぞれの部材で対応するとは言っても、まずは鉄筋とコンクリートがしっかりと密着していないと、強固な構造体とはなりませんから。

そのあたりを考えてみると、構造体として利用しない丸鋼を「鉄筋」と呼ぶのは少し違うのかな、という感じになってきます。
一般的に「鉄筋」と言えばそのまま異形棒鋼を指している事がほとんどで、あえて鉄筋として丸鋼を採用する建物というのは恐らくありません。

だからわざわざ「異形棒鋼」という表現を使う機会もあまりなく、単純に「鉄筋」と言えば異形棒鋼の事を指している、という感じになっています。
こうした鉄筋とコンクリートを組み合わせた建物の構造は、いくつかのパターンに分かれる建物の構造の中で最もオーソドックスでわかりやすい構造ではないかと思います。

もちろん、いくらRC造が分かりやすくて一般的な構造だからと言って、それがそのまま簡単な納まりになる訳ではありません。
だから無責任に「鉄筋コンクリート造は分かりやすいです」という表現をするのは、あまり良くないし正解ではないという事になってしまいます。

そうはいっても、恐らく鉄骨造(S造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)に比べれば分かりやすい、というのは事実でもあります。
このあたりの話は後ほど詳しく説明をしていきますが…

やはり現場で加工する部分が多い鉄筋コンクリート造は、比較的分かりやすくて覚えやすい構造になっているのではないかと思います。
何かを覚える際には比較的簡単な部分から入るのが良いので、建物の構造としてまずは鉄筋コンクリート造の基本的な納まりから覚えてしまう方が良いのではないかと思います。

関連記事

  1. コンクリート打放し仕上
  2. 生コン打設
  3. 出隅形状色々
  4. 崩れる
  5. 鉄筋の納まり
  6. 誘発目地の外壁側仕上