• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

設計段階での業務

建物を建てようと計画していく段階から実際に施工していく段階までには、様々な業種があってそれぞれ専門の企業が参画することになる。
前回はそのような話をまずは取り上げてみました。
専門性が高い業務を手広くこなしていくのは、企業としてはリスクが高いはずで、それよりもひとつの専門分野を深く掘り下げる方が良い結果になるのでしょう。

建物が完成するまでの手順では序盤に位置する「設計」も、そうした専門的な業務のひとつになるので、設計を専門にこなす企業がこれを担当することになります。
そうした設計が実際にはどのような流れで進んでいくのか、というあたりの話を今回は簡単に説明していきたいと思います。

当たり前の話ですが、これから建てようとしている建物に与えられる条件、例えば建物の用途や敷地の広さなどはその建物によって毎回違ってくるものです。
だからそうした条件について説明するのではなく、どんな条件の建物でもやることになる作業というあたりに焦点をあてて書いていくつもりです。

設計

設計業務に求められる仕事は色々ありますけれど、大雑把に書いてしまうと以下のような条件を満たした建物を計画し、それを図面という道具に落とし込むことになります。

・与えられた敷地の条件を法的に満たしている事

・建物の用途や使い勝手について施主の要望を満たしている事

・デザインを考慮した建物である事

三番目に挙げた「デザイン」については、設計者のこだわりが実際に建物を利用する方に伝わらないという残念な状況があったりします。
なので、必ずしもお客さんの要望にマッチしているとは言い切れない可能性もありますけれども…そこはやはり設計者として最も重要視する部分になるかと思います。

意匠的なこだわりが少ない建物というのは、実際に施工をする側にとっては変に悩んだり難しい施工をしなくて済むので助かる部分もあります。
しかし、施工する側もただ単に楽がしたいというだけではなく「良い建物を造りたい」と思っているので、建物の見映えがどうでも良いということにはなりません。

施工しやすい建物というのはつまり、施工精度を充分に考慮した余裕のある形状ということになる訳ですけど、施工精度を考えすぎると、デザインがあまり良くないものになってしまいます。
施工性とデザインというのはなかなか両立しないものなんです。
とは言っても、やはり建物のメイン部分などは力を入れた設計にして欲しい! という思いは施工者側にも当然あるんです。

だけど施工の事を考えないデザインは結果としてあまり優れたデザインにはなり得ないというのもあって…なかなか難しいものです。
こうした設計と施工の立場の違いを踏まえて、それぞれの意見を盛り込んでなおかつ優れたデザインの建物を造る、というのが設計者としての腕の見せ所ではないかと思います。

デザイン以外の項目、法的な制約を問題なくクリアしているという事と、使い勝手的な部分でお客さんの要望を満たしているという事については、当たり前の事ではありますけど実際にはなかなか難しい部分もあります。

まあ仕事ですから難しいのは当たり前なんですけど…
そうした諸問題をクリアしながらコスト的にも使い勝手的にもお客さんが満足する建物を設計する、というのが設計者の最も重要な仕事ということになります。

もし今これを読んでいる方で、これから設計者を目指そうとしている方がいたら、やることは本当にたくさんありますから覚悟をした方が良いと思います。
ただ、そうした大変さに見合ったやりがいも当然ありますから、楽しい仕事でもある、ということも同時に伝えておきたいと思っています。

「やりがい」というのは漠然とした表現で、それを免罪符にして大変な仕事を強いる会社も恐らくあって、あまり使いたくない表現ではありますけど…
だからと言って誰でも出来るような楽な仕事の中に面白みは少ないというのも事実です。

このあたりのバランスをどうとっていくのか、というのは当サイトで取り扱えるような簡単なものではないのでここでは省略します。
ただ、建物を建てていく流れの中で設計者が担当する業務というのは、非常にやりがいのある面白い仕事ではないかと個人的には思っています。

関連記事

  1. 鉄骨工事
  2. 施工図
  3. 竣工図
  4. 建築
  5. 忙しい
  6. 見積