• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建物の運用を開始するまで

建物を計画していく設計段階から、実際に工事を進める施工段階に移り、工事が完了した段階で建物の竣工引き渡しという流れになります。
前回はそうして建物が竣工した状況について少し説明をしてみました。

今回は建物が竣工した後で、実際どのように利用されていくことになるのか、というあたりの話について考えてみる事にします。

工事期間には色々な苦労をしながら建物を完成まで持っていったとしても、竣工引き渡しの状態でそのまま建物の運用が出来る訳ではありません。
というよりも、建物としてはここからが運用の準備に入る訳ですから、実際に建物を使うという意味ではここからが本番ということになります。

施工が完了して建物が出来上がったとしても、それはあくまでも建物の外形が出来上がったというだけであって、建物としてはまだ完全な状態ではないんです。
外形が出来上がって始めてその中身を入れることが出来る、という事です。

例えば家具などの備品を搬入したり、建物を使う為の道具などを色々と購入して揃えたり、実際に建物を利用する人が引っ越してきたりなど…
建物の用途によって準備の内容は少しずつ違ってきますが、建物を利用する為には雑多な準備が必要になってくるという話は変わりません。

これは自分の家を建てる事を考えてみるとイメージしやすいのではないかと思います。

自宅と家具

例えば自宅を新築している時の事を想像してみると、たとえ自分の家が完成したと言われても、その瞬間からそこに住む訳にはいきませんよね。
そこに滞在するだけであれば、屋根と外壁だけで問題はないのですが、もちろんただ部屋に立っているだけでは住んでいるとは言えません。

人が住める状況にする為には、テーブルや椅子などの家具を搬入する必要がありますし、冷蔵庫や電子レンジなどの家電もセットしなければなりません。
あとはその家具に洋服を入れたり、冷蔵庫に食品を入れたり、洗面所に歯ブラシを置いたりなど、やるべきことはたくさんあります。

そうした諸々が完了してからようやくその建物に住むことが出来るようになる、というのは実際の生活を想像すれば分かってきます。
自宅よりも規模がかなり大きい建物であっても、その建物を利用出来る状態になるまでには基本的に同じような話があるんです。

もちろんそれは建物の用途によって違いますが、人が使う為の家具を搬入していき、消耗品関係を配置していく事などは住居と変わりません。
そうした色々な準備をしていく期間を経て、建物やようやく運用を開始することが出来ます。

とは言っても、設計者や施工者の立場で考えると、やはり建物の竣工がひとつの区切りであることは間違いありません。

後は施工者側が少しメンテナンス対応で残ったりする場合もありますけど、ほとんどの人は次のプロジェクトに向けて去っていくことになります。
特に施工者側は建物の規模が大きければかなりの大所帯になりますけど、それが一気に減ってしまうので少々寂しく感じることもあります。

色々な分野には分かれるものの、それぞれが建築に関する仕事のプロですから、また別のプロジェクトで一緒に仕事をする機会もあるかも知れません。
それが違う企業に勤めていたとしても、案外世の中狭いものでまたあうこともある、というあたりもこの仕事の面白みのひとつではないかと私は思っています。

関連記事

  1. 完成
  2. チェック
  3. 地鎮祭
  4. 建物の竣工
  5. 建築図面