• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建物の竣工

施工を進める為の図面である施工図は、設計者の思いを盛り込んだ設計図の意図を読み取っていき、それを実際に施工出来るような現実的な図面にしていくという役割を持っています。

計画 → 設計図 → 施工図 → 建物の完成

ものすごく簡単に書いてしまうと、上記のような流れで計画が現実のものになっていく訳ですが、もちろんそれぞれの「→」の中には膨大な労力が必要になってきます。
膨大な労力というのがが具体的にはどのようなものなのか、というあたりの話は今後詳しく解説していければと考えています。

詳しい説明は後にしておきますが、今回はこうした流れによって建物の施工が進められて、最終的には竣工まで進んでいくという流れだけを押さえておきましょう。

建築のプロジェクトを設計段階・施工段階・施工段階という大雑把なくくりで表現してきましたが、もちろんそれぞれの項目はもっと細かい段階に分けることが出来ます。
それらの項目について細かく説明するのは後ほどにしておきますが、今回は概要をまず知ってもらおうという狙いがありますから、説明としてはこれで充分ではないかと考えています。

設計者と施工者という異なる立場で建築に携わっている為、時にはそれぞれ考え方の違いがある為、意見をぶつけ合うこともあるでしょう。
しかし設計者も施工者も「建物の竣工」を目指していることに違いはありません。

様々な打合せをおこない、納まりの検討や各所の調整を進め、時には納まりで失敗をしてどのようにそれをフォローすべきか検討をして…
など仕事を繰り返してようやく建物は竣工を迎えることになりますが、何もないところから建物を生み出していき、その建物が完成するというのはやはり素晴らしいものです。

竣工の時期というのはやはり仕事の中で特別な期間ではないかと思います。

大きなプロジェクトであれば、建物の開業がニュースになったりする場合もあったりして、全力で業務を進めてきた側からするとなかなか感慨深いものがあります。
建築関連の仕事は「地図に残る仕事」と呼ばれたりしますけど、建物が竣工を迎えるとそうした言葉を実感することになるのではないかと思います。

建物と地図

建物を建てようと考えて実際にお金を出すのが施主で、その業務を設計と施工に分けてそれぞれの企業に発注することになります。
設計者と施工者はそれぞれの分野のスペシャリストとして、建物の竣工を目指してあらゆる知識と経験を駆使して業務を遂行していく訳です。

その結果として優れたデザインと使い勝手を満たした建物が出来上がる事になるのですが、やはりこの瞬間は格別なものがあります。

規模が大きい建物のプロジェクトであれば、恐らく2年とか3年というスパンでずっとそのプロジェクトに関わってきているはず。
その間はずっとその建物の事を考えて仕事をしている訳ですから、実際に建物が完成した姿を見ると、やはり素直に感動します。

これが建築の仕事に関わる醍醐味ではないでしょうか。

工期の話やお金の調整なども業務としてはありますから、なかなか純粋に建物の形状や納まりの事だけを考えていく訳にはいかない、という現実もあります…
それでもひとつの建物の為に全身全霊で挑んでいき、それが出来上がるということは、やはり素晴らしい事ではないかと思います。

ただ、建物が完成したからと言ってすぐにそのまま建物の運用が始まる訳ではありません。
そのあたりの話は次回に引き続き書いていくことにします。

関連記事

  1. 建物
  2. 自宅と家具
  3. 図面作図
  4. 現場管理
  5. 電気設備
  6. 改修工事