• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

設計段階で協力する企業

建物を計画していく段階で設計者が進めていくのは、建物が建つ敷地の条件に合わせた建物の計画を図面に落とし込んでいく事です。
法的な面と使い勝手的な部分、そしてデザイン。
これらの条件を満たした建物を出来るだけ効率良く建てる為には、この設計段階での調整が非常に重要な意味を持ってきます。

こうして建物の設計をしていく中で、基本設計段階では平面図や断面図・立面図などの「一般図」と呼ばれる図面を少しずつ調整していくことになります。
その次の実施設計段階では、作図する図面の種類は細かい表現をするという方向に向けて飛躍的に増えていく訳ですけど、そこでは様々な企業が設計協力という形で参加することになります。

一例を挙げてみると、建物の外装を構成する大きな要素であるアルミ建具なども、設計図の中で細かく表現をしていく事になります。
しかし設計者がアルミ建具を製作している訳ではないので、大抵の場合は三協立山やLIXILなどのアルミ建具を製作・販売している企業が作図した図面が使われています。

アルミ建具

なぜそれぞれの専門的な企業に図面を作図してもらうのかというと、設計図に表現する詳細図のリアリティを高めるため、というのが大きな理由ではないかと思います。
各企業の分担について書いた時に少し触れましたが、建物を設計することを得意としている企業は、建具を工場で製作するためのノウハウを持っていません。

分業になるのでそれは当然なんですけど、それでは設計者が作成する設計図に現実味が全然ないということも考えられます。
図面ではいくらでも絵を描くことは出来ますけど、実際の製品として成り立っていないのであれば、いくら図面を描いても仕方がないですからね。

そうした「絵に描いた餅」にならないように、設計段階でそれぞれの専門分野を得意としている企業に協力してもらい、現実味のある内容の設計図を作成していく訳です。
これを「設計協力」と呼びます。
設計協力をする企業の目線で考えてみると、やはりビジネスですからある程度のメリットがないと協力は出来ないのですが、もちろん設計協力することによるメリットは大きいです。

いくら設計図に具体的な建具の図面が記載されているとは言っても、それと同じメーカーの商品を施工側が採用しなければならない訳ではありません。
そのような義務は全然なくて、コスト的なメリットを考えて同等の性能を持つ製品を採用することになる場合もかなり多いです。

ただ、そうは言っても設計図に記載されている製品をそのまま使った方が都合が良い、という場合も多いので、そこはやはり大きなメリットになるんです。
多少余計にコストはかかるけれど、設計図で表現されている図面と同じメーカーを採用した方が効率的、という選択をゼネコンがすることも結構ある訳です。

もちろん全てのシチュエーションでそうなるとは限りませんけど、メーカーとしても全部がそうなる必要はなくて、ある程度の割合でそうなれば良いと考える訳です。
ある程度の割合で設計協力したプロジェクトに参画出来る、というのはやはりメーカーとしても大きなメリットがある事のはずです。

今回具体的な例として紹介したのはアルミ建具だけですけど、もちろんアルミ建具以外でも、建物を構成する様々な部分で同じような話が出てくる事になります。
金属工事に分類される庇などの詳細も専門性が高いため、メーカー側が作図した図面を設計図として利用する場合がほとんどでしょう。

こうした設計協力は施工者的なメリットだけではなく、設計図のリアリティが増すという事実を見れば、施工者側にとってもメリットは大きいのではないかと思います。
設計図に記載されているメーカーを採用しなかった時に、少し納まりが変わってしまうというデメリットはありますけど…

施工者は納まりを検討するプロでもある訳ですから、それがネックになって建物の施工が進まないなどということはありません。

関連記事

  1. 重機
  2. 施工図
  3. 家具
  4. 見積
  5. ショッピングモール