• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

ゼネコンの記事一覧

工程

施工者が管理する項目は色々

施工者が作図する図面の枚数は膨大な量になって、それぞれの図面をまとめていくのは大変です、というような話を前回は繰り返してしまいました。 図面をまとめる事が大変だということはつまり、実際の施工をスムーズに進めることが大変だという事でもありますが… 施工者が意識しなければならないのは図面だけではありません。 図面にプラスして、施工を進めていく上では「どのような順番で施工を進めていくか」という計画を立て […]

続きを読む

図面検討

施工図の具体的な種類

設計図というのはあくまでも大きな方針を示した図面ですから、実施設計段階であっても、細かい部分まで具体的に検討していくことは難しいものがあります。 それよりも前に設計者として決めなければいけない事が多いですから、どうしても詳細の検討というところまでは進まない傾向にあって… というあたりはもう仕方がないことだと思います。 しかし施工者としては、そうした細かい部分にこそ検討が必要だと考えているので、施工 […]

続きを読む

図面

施工図の役割と設計者との関係

施工者が設計図をベースにして作成する図面の中で、最も代表的な図面と言えるが、今回取り上げる「施工図」という事になります。 先ほど紹介した仮設計画図とは違い、施工図は建物そのものをどのように施工していくのかを表現していく事になります。 最終的に撤去されて見えなくなってしまうという仮設計画も、コストを考えると重要な役割を担っていますが… 施工図の通りに施工を進めていき、最終的な建物の見映えに影響が出て […]

続きを読む

仮設計画図

建物が竣工した際には、当たり前の話ですが建物が出来上がっていて、実際に建物を利用することが出来る状況になっています。 これに対して、工事中にはその建物の中に存在しているけれど、建物が竣工した際には綺麗さっぱりなくなっているものがあります。 例えば工事中の建物でよく見かける、建物の外周を覆っている外部足場や飛散防止のネットなどは、施工の途中では必要ですが最終的にはなくなってしまうものです。 鉄骨など […]

続きを読む

バランス

施工の為に必要な図面は色々ある

設計図をベースにして建物の施工を進める、という基本方針はあるものの、具体的な施工のやり方については施工者側で検討をしていく。 というような話を今までの説明では取り上げてきました。 今回はそうした検討を進めるために作図する図面について考えてみます。 施工者側が施工を具体的に進めていくために、必要に迫られて作図する図面はいくつかの種類に分かれる事になります。 ここでは少し分かりやすくするため、大雑把に […]

続きを読む

残業

施工者の業務は色々

建物を造っていく上で施工者が検討していく項目について今まで色々書いてきましたが、そうした検討事項は本当に色々あってボリュームも多いです。 それだけに、上手く計画して段取りよく進めることが出来れば、請負金額の単位が大きい分だけ利益も上がってくるというものです。 ただ、施工者としてやるべき事が多すぎるため、その全てをこなそうとすると仕事が夜遅くにまでなってしまう傾向にあります。 そうなってしまうと、い […]

続きを読む

コスト管理

施工者側から設計者に提案も

先ほども書きましたが、施工段階でも施主との調整は進めていく事になりますから、設計変更が出るのはある程度当然の事だと考えるしかありません。 ただ、ある程度の変更はもう仕方がない事なのですが、問題は変更の時期とその内容で、それによっては工事金額が増になったり減になったり、施工の工程に大きな影響が出たりします。 そうしたコストの増減を追いかけながら、それでも基本的には当初の竣工予定日を遵守して施工を進め […]

続きを読む

設計者のテクニック

設計図が全てという訳ではない

設計図というのは建物が最終的にどのようなものになるのかを示した基本方針ですから、その設計図をベースにして施工者は工事を進めていくことになります。 ただし、どのような手順で建物を建てていけば良いのか、というあたりの具体的な内容までは設計図に記載されていません。 なので、施工を進めるにあたっては、出来るだけ無駄な事をしないように進めていくことが施工者には求められます。 施工者は建物の完成度の他に、その […]

続きを読む

デザイン

施工者が目指すもの

設計図をベースにして施工の計画を立てていくのが施工者の役割であり、その計画によってそのプロジェクトが成功と言えるかどうかが決まってくる。 というような話を前回は取り上げました。 このあたりは施工者側の感覚で、設計者側の感覚では少し違っていて… 「そのプロジェクトが成功したかどうか」ということについて考えてみると、設計者がそうと感じるのは、恐らく完成した建物の見た目がイメージした通りに出来た時でしょ […]

続きを読む

設計と施工

施工者の基本方針

前回はゼネコンとサブコンの関係や、ゼネコンの協力業者として工事を発注される企業について少し考えてみました。 建築現場においては、ゼネコンを指して「元請け企業」と呼び、サブコンや協力業者を指して「下請け企業」と呼ぶ場合があります。 お金を支払う側と受け取る側という部分で考えたり、方針を検討して決める側とその指示を実行する側という部分で考えたりすると… 元請けと下請けとの関係は必ずしも対等ではないとい […]

続きを読む